安蘇に集まるライダーとは?新プロジェクト2020年とは?!テレビ放送!

阿蘇と言えば、熊本県の阿蘇山を思い浮かべ

ます。バイクを乗っている人(バイク愛好家・

バイク乗り・ライダー)にとって、阿蘇は『

イクの聖地』なのです。

『40年』という言葉から何が想像できますで

しょうか?

この大きなイベントは続いて欲しいと思いま

す。バイク愛好家には最高のイベントと思い

ます。

この記事では、安蘇に集まるライダーとは?

と、新プロジェクト2020年とは?と、安蘇に

集まるライダーのテレビ放送をご紹介いたし

ます。

1. 安蘇に集まるライダーとは?

出典元:https://www.facebook.com/kusasenri19/

開催は10年に1度!40年』続くバイクイベン

トです。内容はいたってシンプルです。

『写真を撮られるためだけに集まる』

熊本県阿蘇町・草千里にバイク愛好家が集ま

りました。昨年2019年8月の終わりです。

40年続いていることから、1979年(600名程

、1989年(1300名程)、1999年(3000名程)、

2009年(3000名以上)、2019年はどれほど集

まったのでしょうか?

ちなみに2019年から有料になったんですね。

理由は10年後も無事に開催できるようにです。

多くのバイク愛好家が参加するため、渋滞緩

和や、本来の目的『一冊の写真集をみなさん

で創りあげる』のためです。

2019年の撮った写真集配布会(2020年)が延

期されています。草千里19公式サイトで確認

しました。   ↑クリック

コロナ禍の影響です。

このプロジェクトのこだわりは『写真集を完

成させることです。写真集は写真を撮った

翌年夏に基本的には出版されています。2010

年分は無事写真集を出せています。

コロナ禍で致し方ないです。

2. 新プロジェクト2020年とは?!

凄く建設的な新プロジェクトが2020年6月4日

時点の記事を確認しています。

阿蘇を何度も走れるように

警察とバイク愛好家が手を取り合って同じ目

標に取り組みます。

阿蘇エリアはバイク愛好家なら一度は走りた

い絶景のロードが連続です。しかし、悲しい

現実は非常に事故も多いのです。

プロジェクト名は以下です。

ASO PACE RIDER PROJECT

(阿蘇ペースライダープロジェクト)

熊本県警阿蘇警察署の中野徹警部補とヒバリ

ガレージの池田智巳代表が中心に立ち上げま

した。5月31日に出発式が行われました。

阿蘇を愛し安全運転を願う『ASO

PACE RIDER認定ライダー』には、

オリジナルバンダナを贈呈し、その

バンダナを車体もしくは体に着けて

走ってもらう。

出典元:https://young-machine.com/

プロジェクト認定ライダーに贈呈されるオリ

ジナルバンダナの写真です↓

出典元:https://young-machine.com/

こういった協力によって、事故を減少させて、

阿蘇のバイク愛好家、観光客、そして地元に

とって大切な阿蘇としてほしいですね

3. 安蘇に集まるライダーのテレビ放送

『ドキュメント72時間「阿蘇・ライダーたち

の夏 10年に1度の撮影会」(NHK)』

2020年7月4日(土)11時25分からです。

ドキュメント72時間「年末スペシャル」1位

獲得のため、再放送されます。

10年に1回のイベントであるため、人の変化、

時代の変化を感じ取れるのでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

この記事では、安蘇に集まるライダーとは?

で10年に1回のイベントと、新プロジェクト

2020年とは?!で、警察とバイク愛好家が手

を取り合うプロジェクトと、テレビ放送をご

紹介いたしました。

10年に1回のイベントを40年続けていること

は素晴らしいと思います。そして、人と人が

協力できることも素晴らしいです。

次回の記事もお楽しみに!

スポンサーリンク