内藤多仲の名言!早稲田大学教授で弟子と2代目通天閣と火災とは?

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。

chobizo!トレンド!BLOG!へご訪問
いただき、ありがとうございます。
管理人chobizoです。ちょっと気になる
情報を取り上げます。

 

【林修のニッポンドリル】では

東京タワーなどの建築物の設計を

した「耐震構造の父」の

内藤多仲さんが取り上げられる

そうです。

 

今回は以下の内容をご紹介いたします。

 

  • 内藤多仲さんの名言!【林修のニッポンドリル】
  • 内藤多仲さんの早稲田大学教授で弟子とは?
  • 内藤多仲さんの2代目通天閣と火災とは?

 

詳細情報をお届けいたします。

 

スポンサーリンク

1. 内藤多仲さんの名言!【林修のニッポンドリル】

出典元:https://twitter.com/

【林修のニッポンドリル】では

内藤多仲さんが取り上げられる

そうですね。

 

内藤多仲さんは東京タワーなどの

タワー6兄弟」を設計したことで

有名なようですね。

 

内藤多仲さんの名言では、

内藤多仲さんが晩年のご自身の人生を

以下のように表現したそうです。

 

「『積み重ね積み重ねてもまた積み重ね』が私の人生行路だった」

引用元:https://www.chichi.co.jp/

 

内藤多仲さんの次男である

内藤多四郎さんが語るところに

よると極めて細かい性格

あったそうです。

 

遠い記憶の中にある父の姿を

思い起こすと、

とかく「細かい」人だったと

いう印象があります。

何に細かいかと言うと、

建築についてはもちろん、

使う言葉や出逢う人々など、

すべてについてです。

 

例えば、父は書いた論文を

よく私に見せて、

「これはこういう経験があって

こう書いたんだよ」

とか

「あの人がいたから、その力を

借りてこれが書けたんだよ」

と語りました。

一見何でもないような言動でも、

よくよく考えると理由があり、

一つひとつに信念や実感が籠って

いる。

そういう人でした。

 

また、どんなに忙しい時でも、

自ら設計した建築の現場には

必ず顔を出していましたし、

過去に恩を受けた人のことは

決して忘れず、

とても大切にしていました。

引用元:https://www.chichi.co.jp/

 

内藤多仲さんは農家の長男として

誕生したそうです。

内藤多仲さんの母親は教育熱心で

あったそうです。

 

しかし、内藤多仲さんの母親は

若くして亡くなったそうです。

 

出典元:https://m-alps-lib.e-tosho.jp/

内藤多仲さんは母親のために

慈母観音立像を「円宝寺」に寄与

したそうです。

 

内藤多仲さんは母親に感謝

気持ちを持っていたのでしょうね。

 

スポンサーリンク

2. 内藤多仲さんの早稲田大学教授で弟子とは?

出典元:https://twitter.com/

内藤多仲さんの出身大学は

東京帝国大学であるようです。

造船から建築に専攻を変えた

そうです。

 

1910年に東京帝国大学を卒業

したそうです。

1913年早稲田大学の教授に

なったそうです。

 

内藤多仲さんの生年月日は

1886年(明治19年)6月12日と

情報があるようです。

内藤多仲さんは27歳あたりの

年齢で早稲田大学の教授になった

ようです。

 

佐野利器さん

出典元:https://twitter.com/

内藤多仲さんの師匠は

佐野利器さんであるそうです。

 

「耐震構造の父」と敬意を持たれる

内藤多仲さんは後進の育成もして

いたようです。

内藤多仲さんの弟子は以下の人物

であるようです。

 

松井源吾さん

出典元:https://gengo-matsui.musalab.co.jp/

内藤多仲さんの弟子で代表的な

人物は松井源吾さんだそうです。

松井源吾さんは早稲田大学で教授

をしていたそうです。

 

他にも内藤多仲さんの影響を受けた

人物は存在すると思われます。

 

スポンサーリンク

3. 内藤多仲さんの2代目通天閣と火災とは?

出典元:https://twitter.com/

内藤多仲さんは初代「通天閣」が

1943年に火災で潰れたそうです。

 

出典元:https://news.yahoo.co.jp/

隆盛を極めた「新世界」だったが、

太平洋戦争のさ中の1943年、

初代通天閣に思わぬ災厄が

降り掛かった。

1月16日、通天閣のすぐ足元に

あった映画館「大橋座」が

失火で炎上、

通天閣も焼かれてしまった。

 

この火災で初代通天閣は足元の

鉄骨がむき出しになって

無残な姿に。

戦争中で鉄骨資材が足りない時代

でもあり、

結局、翌年に解体され、

300トンの鉄くずとなって

政府に供出された。

 

初代通天閣の消失から10数年、

「支柱」を失った新世界では

通天閣再建の動きが活発化した。

住民らの努力で1956年、

通天閣の再建工事が始まり、

10月28日に2代目通天閣が誕生、

開業した。

地上103メートルのこの大鉄塔は、

実は東京タワーと同じ

内藤多仲が設計した。

 

翌年7月、開業以来

「丸裸」だった2代目通天閣に

広告ネオンが灯った。

日立製作所と主塔広告賃貸借契約

が結ばれたのだ。

通天閣に広告ネオンが復活した

のは、初代の「ライオン歯磨」以来、

15年ぶりのことだった。

その後も通天閣のネオンは

大阪の街を演出し続け、

2006年には通天閣

「創業50年」に合わせ、

ネオンが全面リニューアルされた。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

出典元:https://news.yahoo.co.jp/

「通天閣」は戦時中に火災で崩れ

10年以上は存在しない時期があった

そうです。

 

出典元:https://twitter.com/

戦後に復興された「通天閣」は

2025年の大阪・関西万博

注目されるのでは?

 

 

【林修のニッポンドリル】では
東京タワーの計図を書き上げた
内藤多仲さんが取り上げられる!

結婚した妻と息子や娘とは?
豪邸は現存する!

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

【林修のニッポンドリル】では

東京タワーの設計図を書き上げた

偉大な建築家・内藤多仲さんが

取り上げられるそうです。

 

この記事では以下の内容をご紹介いたしました。

 

  • 内藤多仲さんの名言!【林修のニッポンドリル】
  • 内藤多仲さんの早稲田大学教授で弟子とは?
  • 内藤多仲さんの2代目通天閣と火災とは?

 

次回の記事も要チェック!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもイチオシ!おすすめ!
芸能・文化
シェアする

コメント

タイトルとURLをコピーしました