伊勢崎市の浦島太郎伝説とは何?竜宮城があったのか?【ナニコレ珍百景】

スポンサーリンク

chobizo!トレンド!BLOG!へご訪問
いただき、ありがとうございます。
管理人chobizoです。ちょっと気になる
情報を取り上げます。

 

【ナニコレ珍百景】では

群馬県には海がないのですが浦島太郎

の伝説があるらしい…。

竜宮城?龍神宮があるそうです。

 

今回は以下の内容をご紹介いたします。

 

  • 群馬県伊勢崎市の浦島太郎の伝説とは何?竜宮城があったのか?【ナニコレ珍百景】

 

詳細情報をお届けいたします。

 

スポンサーリンク

1. 群馬県伊勢崎市の浦島太郎の伝説とは何?竜宮城があったのか?【ナニコレ珍百景】

出典元:https://www.google.com/

群馬県には海がないのですが

浦島太郎のような石で作られた

オブジェクト?アート?があるよう

です。

 

群馬県伊勢崎市には龍神宮」という

場所があるそうです。

「龍神宮」には龍宮の傳説(伝説)が

口口相承龍宮本記に記されているよう

です。

 

口口相承龍宮本記には

「龍神宮」の2つの伝説があるよう

です。

 

夫卯、本龍宮は天地開闢の地にして

利根川の深淵に峨々たる岩窟水中

より峙 其根地中に洪荒たる

事無量なり 此の淵の水洑音四方に

響事大灘海の岩打浪の如し此の淵を

千間淵と號 竪千間に越乾へ入江有て

南は満々たる廣野にして

茅蘆松柳枵盧木生茂り人民も住さりし

となり人皇十八代履中天皇の御宇

高邊左大将家成郷深津の郷に佳玉ひて

此の淵に來り玉ひ岩に遊び給ふに

美女ひとり來りて

此の岩窟は龍神の正殿なり疎意有る

まじと消失せけり

家成愼敬して退去し給ふ

此の時より龍宮と敬拜すと云々

引用元:http://chrono2016.blog.fc2.com/

 

履中天皇の時代の5世紀前半頃に

群馬県の伊勢崎市を流れる利根川

岩窟(岩でできた洞窟)があった

そうです。

 

利根川は氾濫することが多かった

そうです。その影響で人々が暮らし

をしない場所となったそうです。

利根川の南側は広い野原になっていた

ようです。

 

利根川の南では人々は生活をして

いたのではないでしょうか?

 

履中天皇の時代の5世紀前半頃に

高辺左大将家成が利根川にある

岩窟(岩でできた洞窟)で遊んでいた

そうです。

 

高辺左大将家成の前に美女が出現して

高辺左大将家成に以下を話したそう

です。

 

「この岩でできた洞窟は龍神の正殿で、

無礼なことをすることは許されない

 

美女は話した後に消えたそうです。

 

スポンサーリンク

 

2つ目の伝説は以下であるようです。

 

同人皇二十二代雄略天皇の

御子岩城皇子常陸國筑波山に

蠶の神で化生所とて勅命有て

御幸の時 唯日の坂に逮龍燈天に

耀て晝の如し 皇子怪しみ聞給へば

獨の乙女見えて龍燈也と答ふ

汝は誰ぞ 予は龍宮姫なり

皇子を迎へ奉るなり 吾正殿は是より

東利根川の邊に岩窟あり

水の洑音を索べに幸臨ま志ませと

奏聞して黒雲に打乗り飛去りしとぞ

皇子東嬬路を轉歴て龍宮の地に逮

亦乙女水上に浮出で玉ひ予先に碓日

の坂にてまみへし龍宮乙姫なり

願は吾を此の一邑の産神となさせ

給はべ永へに安穏を守護すべしと

並拜して入水し給ふよって

供奉の臣郷民に告て曰く

自今此の龍宮を産神と祭て並拜せし

となり

是より卯ノ木大明神と鎮祭し奉りて

六月二十八を祭日と水難を除き人壽を

守り幸給ふ

引用元:http://chrono2016.blog.fc2.com/

 

雄略天皇の時代の5世紀末頃に

天皇の子である岩城皇子が天皇の命令

により、常陸の国の筑波山に行った

そうです。

 

龍燈(龍の形の燈籠)のように輝いて

岩城皇子が怪しんだそうです。

そして乙女が出現したそうです。

 

「お前は誰だ?」と問う岩城皇子に

対して、乙女が「龍宮姫」と名乗った

そうです。

 

龍宮姫は岩城皇子を迎えに来たと言い

自分の正殿が利根川の東にある岩の

洞窟だ話したそうです。

 

岩城皇子にい岩の洞窟に行くように

話して、龍宮姫は黒い雲に乗り去った

そうです。

 

岩城皇子は利根川にある岩の洞窟を

訪れて水上に乙女が出現したそう

です。

その乙女が龍宮乙姫と名乗ったそう

です。

 

龍宮乙姫は岩の洞窟を神として祀る

ようにお願いをしたそうです。

祀れば、平和を守護すると話したそう

です。

 

龍宮乙姫は水の中に消えたそうです。

そして、岩の洞窟を龍宮を産神として

祀るようになったそうです。

 

口口相承龍宮本記では浦島太郎の伝説

は存在しないようです。

 

スポンサーリンク

 

出典元:https://www.google.com/

群馬県伊勢崎市の浦島太郎伝説は

なのでしょうか?

 

1547年に阿感坊という人物が藤の

ツルを切っていると、を利根川に

落としてしまったそうです。

阿感坊は鉈を拾うために川の底に

手を伸ばしたが届かず、利根川を

潜って取りに行ったそうです。

 

利根川の川底に竜宮城のような御殿

があったそうです。

ある娘が現れて、

「乙姫が鉈を気に入ったので3日間だけ

貸してほしい

とお願いしたそうです。

 

阿感坊は鉈を貸して、歓迎されて宴会

のような歓待を受けたそうです。

 

3日後に阿感坊は

「龍宮に関して誰にも話すことが
ないように

と言われて地上に戻ったそうです。

阿感坊は玉手箱・瑪瑙玉・観音像を

もらったそうです。

 

しかし、3日が3年であったそうです。

噂を聴いた役人が阿感坊に刀を持って

質問して、話すことを強要したそうです。

 

阿感坊は仕方なく話すと、苦しみ出して

命を失ったそうです。

 

阿感坊という人物が群馬県伊勢崎市の

浦島太郎伝説になったそうです。

ただし、何かの本に残されていたという

情報はないようです。

口頭で伝わったのでしょうか?

 

出典元:https://japanmystery.com/

龍神宮の浦島太郎伝説は

1547年で日本が戦国時代で平和では

なかった時代と思われます。

 

出典元:https://www.google.com/

龍神宮の桜は美しいそうです。

 

 

【ナニコレ珍百景】では
名馬生食という謎の旗の真相
に迫った!

源頼朝公と関係のある馬で
荒々しい馬?!

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

【ナニコレ珍百景】で取り上げられる

群馬県伊勢崎市の浦島太郎伝説は、

1547年の日本の戦国時代の阿感坊

という人物がモデルであるそうです。

 

この記事では以下の内容をご紹介いたしました。

 

  • 伊勢崎市の浦島太郎の伝説とは何?竜宮城があったのか?【ナニコレ珍百景】

 

次回の記事も要チェック!

芸能・文化



こちらもイチオシ!おすすめ!
chobizo!トレンド!BLOG!

コメント

タイトルとURLをコピーしました