地下50mの巨大秘密施設(大田区)はネット?出続ける冷気とNTTが大手会社?

スポンサーリンク

chobizo!トレンド!BLOG!へご訪問
いただき、ありがとうございます。
管理人chobizoです。ちょっと気になる
情報を取り上げます。

 

【ナニコレ珍百景】では

東京都大田区では炎天下でも道路の

鉄格子から出続ける冷気の謎

取り上げるそうです。

地下50mにある巨大秘密施設は何?

 

今回は以下の内容をご紹介いたします。

 

  • 地下50mの巨大秘密施設(東京都大田区)はネット?道路の鉄格子から出続ける冷気とは?【ナニコレ珍百景】
  • 地下50mの巨大秘密施設(東京都大田区)のNTTが大手会社とは?

 

詳細情報をお届けいたします。

 

スポンサーリンク

1. 地下50mの巨大秘密施設(東京都大田区)はネット?道路の鉄格子から出続ける冷気とは?【ナニコレ珍百景】

出典元:https://www.youtube.com/

上画像が東京都大田区にあるそうです。

炎天下でも道路の鉄格子から出続ける

冷気がある理由地下施設であるそう

です。

 

出典元:https://www.youtube.com/

場所が特定されてはいけない場所

あるそうです。

撮影はモザイクになったようです。

地下施設を管理する部屋なので

しょうか?

 

出典元:https://www.youtube.com/

画像を確認すると配線のように

感じとれます。

 

冷気がある理由や配線を確認すると

ネット回線や電話回線を管理して

いる施設のように感じ取れます。

 

管理するためにルーターやサーバー

もあるのかも?

 

地下50mに総延長290㎞の社会を

支える巨大施設であるそうです。

 

「とう道」

出典元:https://ascii.jp/

NTT東日本のケーブル施設とう道

である可能性が高いように思えます。

 

「とう道」は以下のようなトンネル

あるそうです。

 

電話回線、光ファイバーの

配線盤や収容ルータから、

各地にケーブルが伸びる

地下トンネル

引用元:https://ascii.jp/

 

とう道とは、

より正確に定義するならば

「ケーブル収容空間と保守作業空間

の確保を目的として構築された

大規模地中構造物」

 

だが、実際のところは、

まさに地下トンネル。

主にNTTの局舎と局舎を結んで

おり、

内部にはメタルケーブルや

光ファイバーケーブルが

整然と並んでいる。

引用元:https://internet.watch.impress.co.jp/

出典元:https://ascii.jp/

「とう道」は東日本大震災の教訓を

活かして作られたそうです。

東日本大震災では連絡手段に多くの

人が困ったと想定されます。

 

連絡するための、電話線やネットは

生きるために必要で生活に密着して

いると考えられます。

 

スポンサーリンク

2. 地下50mの巨大秘密施設(東京都大田区)のNTTが大手会社とは?

出典元:https://www.youtube.com/

「とう道」を案内してくださる男性の

作業服を確認したら、会社のロゴ

確認できると思われます。

※赤枠

 

拡大

出典元:https://www.youtube.com/

出典元:https://www.facebook.com/

東京都大田区で「とう道」を管理

するのは「NTT」の東日本であろう

と思われます。

 

【ナニコレ珍百景】では

「超有名大企業」と情報があるよう

です。

無難に考えると「NTT」が有力では

ないでしょうか?

 

出典元:https://ascii.jp/

「NTT」が中心になって

「とう道」は上画像のように管理

されているそうです。

 

 

【世界の何だコレミステリー】
では
黒い紙が大量に届いた
漫画家
取り上げられた!

漫画家の井出智香恵さんで
国際ロマンス詐欺?!

黒い紙の正体は?!

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

【ナニコレ珍百景】では

地下50mに総延長290㎞の社会を

支える巨大施設んぼ「とう道」が

取り上げられるそうです。

 

この記事では以下の内容をご紹介いたしました。

 

  • 地下50mの巨大秘密施設(東京都大田区)はネット?道路の鉄格子から出続ける冷気とは?【ナニコレ珍百景】
  • 地下50mの巨大秘密施設(東京都大田区)のNTTが大手会社とは?

 

次回の記事も要チェック!

芸能・文化



こちらもイチオシ!おすすめ!
chobizo!トレンド!BLOG!

コメント

タイトルとURLをコピーしました