勝村久司の裁判した病院は枚方市民病院?主治医は誰?経歴やプロフィールは?

スポンサーリンク

chobizo!トレンド!BLOG!へご訪問
いただき、ありがとうございます。
管理人chobizoです。ちょっと気になる
情報を取り上げます。

 

【逆転人生】では

勝村久司さん・理栄さん夫婦が

医療事故で出産した娘さんの命を

失ったことが放送される…。

激しい裁判になったそうですが…。

全国初の医療過誤裁判であったらしい…。

 

今回は以下の内容をご紹介いたします。

 

  • 勝村久司さんの裁判した病院は枚方市民病院とは?【逆転人生】
  • 勝村久司さんの妻・理栄さんの主治医は誰?
  • 勝村久司さんの経歴やプロフィールは?

 

詳細情報をお届けいたします。

 

スポンサーリンク

1. 勝村久司さんの裁判した病院は枚方市民病院とは?【逆転人生】

出典元:https://www.youtube.com/

 

勝村久司さんの妻である理栄さんは

妊婦であったそうです。

1990年12月に医療事故によって

妻の理栄さんの身体に異常が発生した

そうです。

勝村夫妻の赤ちゃんである娘さんの

命が奪われたそうでです。

亡くなった娘さんは星子ちゃんという

名前だそうです。

産後の9日目で亡くなったそうです。

 

医療事故が発生した病院は

枚方市民病院であったと情報が残ってい

ます。(現:市立ひらかた病院

原因は子宮収縮薬(陣痛促進剤であった

そうです。

 

子宮収縮薬(陣痛促進剤)は出産時には

よく使用されていると思われます。

『子宮口を柔らかくするお薬』として、

産道の出口を柔らかくする薬であろうと

思います。

その薬によって医療事故が発生した

らしい…。

 

多くの出産経験のある女性は使っている

のでは?

 

勝村夫妻の娘・星子ちゃん

出典元:https://www.youtube.com/

 

妻の理栄さんはスポーツをする女性で

あったそうです。

比較的理栄さんは体力がある女性である

と思います。

身体の異常は特になかったらしいです。

 

しかし、子宮収縮薬(陣痛促進剤)に

よって娘の星子ちゃんの命が奪われた

そうです。

更に妻の理栄さんの命も危なくなった

そうです。

 

その原因である

子宮収縮薬(陣痛促進剤)がなぜ適切に

使われなかったのか?

が大きな問題であるそうです。

薬を使用するのに説明がなかったらしい。

 

病院が子宮を人工的に収縮させる

「陣痛促進剤」を利用して出産の日時を操作し、

人件費を節約していることと

密接な関係があることを勝村夫妻は知りました。

引用元:http://www.yuki-enishi.com/

 

妻の理栄さんは陣痛もなく、出産予定日

が先であるに関わらず子宮収縮薬

(陣痛促進剤)が使用されたそうです。

更に、点滴は1時間おきにされて放置され

ていたそうです。

異常な子宮収縮に襲われても放置された

らしい…。

 

効率化と人件費を考えただけの病院の

処置の被害にあったと考えられます。

 

スポンサーリンク

枚方市民病院は名称が消えた…。

妻の理栄さんの主治医は?

不正が…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました