猫の巨大な絵は南米ペルーでロボっぽい?ナスカの地上絵はフェイク?【世界まる見え】

chobizo!トレンド!BLOG!へご訪問
いただき、ありがとうございます。
管理人chobizoです。ちょっと気になる
情報を取り上げます。

【世界まる見え!テレビ特捜部】の

『南米砂漠にロボっぽいネコの巨大絵?』

が取り上げられるみたいです。

南米ペルーで巨大な猫の絵が発見されている

そうですが…。

今回は以下の内容をご紹介いたします。

  • 猫の巨大な絵は南米ペルーでロボっぽい?
  • 猫の巨大な絵は南米ペルーでナスカの地上絵はフェイクとは?

詳細情報をお届けいたします。

スポンサーリンク

1. 猫の巨大な絵は南米ペルーでロボっぽい?

出典元:https://www.cnn.co.jp/

南米のペルーで上画像のような猫の巨大絵が

発見されたそうです。

約2000年前に描かれたそうです。

非常にゆるい猫の絵であり、ロボットとは

考えにくいのですが….。

出典元:https://www.youtube.com/

ナスカの高原に描かれており、草木のない

砂漠みたいな場所に描かれているそうです。

この巨大な猫の絵はナスカ文明より古い

時代に残されたという説が報道されています。

ナスカの地上絵

出典元:https://www.hankyu-travel.com/

上画像のようなナスカの地上絵が思い

浮かぶのは高度な地上絵です。

しかし、生き物の絵もあるようです。

出典元:https://www.youtube.com/

出典元:https://www.youtube.com/

出典元:https://www.youtube.com/

動物と人間の関係を示していると考えられ

ます。

出典元:https://www.youtube.com/

人間を襲う蛇の絵も見つかっているらしい

です。確かに南部にはデカい蛇がいると

考えられますよね。

人間にとって蛇が恐ろしい存在であったことを

物語っています。

こういった地上絵が見つかることになった

背景にはドローン技術の進歩によるものが

大きいそうです。

人が直接現場に行かずとも、空から見つける

ことが可能であるのでしょう。

スポンサーリンク

2. 猫の巨大な絵は南米ペルーでナスカの地上絵はフェイクとは?

出典元:https://www.cnn.co.jp/

巨大な猫の絵がフェイクではないのか?

という疑惑がずっと噂されているようです。

出典元:https://www.youtube.com/

ペルーの文化省は地上絵は自然浸食で

ほとんど消えかけていたが、ドローンで

発見可能になったという見解であるそう

です。

しかし、ペルーがナスカの地上絵などで

観光客を呼び込むためにしていたらと

考えると最近になって作られた説も

あり得ると思います。

出典元:https://twitter.com/

出典元:https://twitter.com/

出典元:https://twitter.com/

文化的な側面では良い印象を感じますが、

歴史的な遺産に関しては真実であるか疑問

を感じる…。

↑若干ちゃかすようにナスカ地上絵の猫は

捏造であるという説を論じている?

65億円相当の価値がある

黄金マスク古代トラキアの王の

マスクであるらしい…。

672gというとんでもない重さで

凄い!

トラキア文明は紀元前であるらしい…。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

南米ペルーの巨大な猫の絵がドローン技術

で発見されたそうです。

しかし、観光客を集めるためのフェイク説が

確かにあるようです。

この記事では以下の内容をご紹介いたしました。

  • 猫の巨大な絵は南米ペルーでロボっぽい?
  • 猫の巨大な絵は南米ペルーでナスカの地上絵はフェイクとは?

次回の記事も要チェック!

スポンサーリンク