埼玉県宮代町の百間(もんま)小学校すべり台が重要文化財の理由と評判は?【ナニコレ珍百景】

chobizo!トレンド!BLOG!へご訪問
いただき、ありがとうございます。
管理人chobizoです。ちょっと気になる
情報を取り上げます。

【ナニコレ珍百景】で

埼玉県宮代町の百間(もんま)小学校の

伝統あるすべり台が取り上げられます。

国の重要文化財であるらしい…。

何で?

今回は以下の内容をご紹介いたします。

  • 埼玉県宮代町の百間(もんま)小学校のすべり台が重要文化財の理由とは?なぜ?
  • 埼玉県宮代町の百間(もんま)小学校のすべり台の評判は?

詳細情報をお届けいたします。

スポンサーリンク

1. 埼玉県宮代町の百間(もんま)小学校のすべり台が重要文化財の理由とは?なぜ?

出典元:https://bunka.nii.ac.jp/

埼玉県宮代町の百間(もんま)小学校には

上画像のすべり台があるそうです。

見た目にはガッチリと重量感があって、

崩れたりしないような設計に感じます。

ちょっとレトロな感じもしますよね。

このすべり台が何で国の重要文化財に

何でなったのでしょうか?

出典元:https://bunka.nii.ac.jp/

この水色がメインのすべり台は1926年

に設置されたらしいです。

大正時代につくられたそうです。

鉄筋コンクリート』でガッツリ作られて

いることが非常に珍しい情報があります。

現在の『金属製』すべり台

出典元:https://ja.wikipedia.org/

現在あるすべり台は『金属製』であり

『鉄筋コンクリート』で作られたすべり台が

貴重であるそうです

百間小学校のすべり台は何度も修復されて

おり、2021年でも現役と考えられます。

そうすると、100年弱も子供たちがこの

すべり台で遊んだことになりますよね。

本当に凄いわ…Σ(゚Д゚;)

すべり台を維持してきた方々を尊敬します。

百間小学校は1873年創立された伝統の

ある小学校であるらしい…。

すべり台に関しては支柱の銘板に以下の

ように文字があるそうです。

『大正拾五年十一月二十八日』

『寄附者 野口丈左ヱ門』

大正15年11月28日に寄付した人が

野口さんという人みたいですよね。

野口丈左ヱ門さんの末裔・子孫は

地元で建築業をしていると情報があり

ます。

歴史を感じますよね。

2019年11月頃に重要文化財に登録される

ことが決定したそうです。

出典元:https://www.asahi.com/

2020年10月9日に、国の登録有形文化財と

なったのので、百間小学校で登録証の

受領式がされたそうです。

受領式当日が雨で体育館で行われたそうです。

スポンサーリンク

2. 埼玉県宮代町の百間(もんま)小学校のすべり台の評判は?

出典元:https://www.youtube.com/

子供たちが100年弱利用してきた

すべり台は現役であり、小学生がスピード

が出ると楽しんでいるようです。

「日常的に子どもたちが遊んでおり、

誇らしい。

ずっと大事にしていきたい」

引用元:https://www.nikkei.com/

山口隆夫校長が上記コメントを残している

そうです。

歴史を振り返ると、地震や水害、戦争の被害

があっても不思議ではないですが、百間小学校

すべり台は残されてきたのであろうと考えら

れます。

Googleの航空写真で確認すると、

登録有形文化財の人造石製滑り台

確認できます。

出典元:https://www.google.co.jp/

小学校の外側の道路から見えるようです。

百間小学校で育った人や子供たちの誇り

のように感じられますよね。

【ナニコレ珍百景】で

道路わきに立派な

秋田犬ポチの墓の場所は神奈川県

川崎市のどこなのか?

何で墓は作られたのでしょうか?

戦後の悲しい時代背景が?!

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

埼玉県宮代町の百間小学校のすべり台が

重要文化財になぜなったのか調査いたし

ました。

伝統ある小学校の歴史が残るすべり台で

あるようです。

この記事では以下の内容をご紹介いたしました。

  • 埼玉県宮代町の百間(もんま)小学校のすべり台が重要文化財の理由とは?なぜ?
  • 埼玉県宮代町の百間(もんま)小学校のすべり台の評判は?

次回の記事も要チェック!

スポンサーリンク