スタニスラフ・ペトロフが世界を核戦争から救った?映画化と晩年は?【世界まる見えテレビ】

スポンサーリンク

chobizo!トレンド!BLOG!へご訪問
いただき、ありがとうございます。
管理人chobizoです。ちょっと気になる
情報を取り上げます。

 

【世界まる見え!テレビ特捜部】で

世界を核戦争から救った知られざる

ヒーローが取り上げられます。

旧ソ連のスタニスラフ・ペトロフさんが

世界を救った男と映画化れている

らしいです。

 

今回は以下の内容をご紹介いたします。

 

  • スタニスラフ・ペトロフさんが世界を核戦争から救った?
  • スタニスラフ・ペトロフさんの映画化とは?
  • スタニスラフ・ペトロフさんの晩年は?

 

詳細情報をお届けいたします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

1. スタニスラフ・ペトロフさんが世界を核戦争から救った?

出典元:https://ja.wikipedia.org/

 

スタニスラフ・ペトロフさんは

2017年5月19日に77歳で亡くなっている

と情報があります。

英語表記は『Stanislav Petrov』と情報

あります。

 

スタニスラフ・ペトロフさんは旧ソ連の

軍人で、戦略ロケット軍の中佐であった

そうです。

世界を核戦争から救ったのは1983年のこと

であると情報があります。

背景としては、米ソ冷戦の時代と考えられ

ます。

 

スタニスラフ・ペトロフさんが担当して

いた任務は衛星を利用してアメリカを

監視することだったそうです。

 

1983年に監視衛星がアメリカからの

核ミサイルを確認して警報をならした

情報があります。

スタニスラフ・ペトロフさんは上官への

報告義務があると思われます。

しかし、スタニスラフ・ペトロフさんは

上官への報告をしなかったらしい…。

※所説あり本当はどうか不明?

 

確実に言えるのは監視衛星の警報は

システムエラーであったことだそうです。

 

スタニスラフ・ペトロフさんは、

なぜアメリカからの核ミサイルを否定した

のだろうか?

情報には、監視衛星の確認した核ミサイル

は単発で5発であった説があります。

本気でアメリカが仕掛けるならば数百発は

核ミサイルを落として、ソ連を壊滅させる

ことが当然であると考えたらしい…。

 

監視衛星のシステムエラーは致命的であり

ソ連軍の上層部は狼狽してビビったらしいです。

 

スタニスラフ・ペトロフさんの単独判断は

軍への悪い影響になったと考えられます。

服務規律違反で罰せられたようです。

 

ソ連とアメリカの核戦争を回避できたのは

良かったのですが、

スタニスラフ・ペトロフさんは、軍歴を

消されそうです。

スタニスラフ・ペトロフさんの情報は

1998年まで消されたそうです。

 

しかし、核戦争の勃発を回避したことは

確かであるでしょう。

 

出典元:https://twitter.com/

 

1991年にソ連が崩壊してことで、情報開示

されたのであろう…。

 

 

スポンサーリンク

 

2. スタニスラフ・ペトロフさんの映画化とは?

出典元:https://www.youtube.com/

 

出典元:https://filmarks.com/

2014年にスタニスラフ・ペトロフさんの

世界を救った決断が映画化されたと情報

があります。

 

The Man Who Saved the World

というタイトルの映画です。

世界を救った男』とでも訳せるでしょう。

 

↑予告編

 

この作品は、我々が生きている現在の

世界が実は世界の終りと背中合わせに

なっているということを、

冷徹に表現した叙事詩であり、

同時に冷戦のスリラーである。

 

主人公・スタニスラフ・ペトロフは、

全面核戦争を寸前のところで

食い止めた人物であった。

だが、この事実を知るものはほとんどいない。

それから30年が経った。

世界を救った男はアメリカに向かった。

そこで待っていたのは驚愕の場面であった。

引用元:https://filmarks.com/

 

 

スポンサーリンク

 

 

3. スタニスラフ・ペトロフさんの晩年は?

出典元:https://ja.wikipedia.org/

 

スタニスラフ・ペトロフさんは1998年

まで情報が消された存在であったとされ

ているようです。

 

2017年5月19日に77歳でモスクワ郊外の

自宅で亡くなったそうです。

ロシア国内ではスタニスラフ・ペトロフ

さんの死をほぼ取り上げなかったそうです。

 

恐らく、スタニスラフ・ペトロフさんの

生活は制限されていたのでは?

と考えられます。

 

旧ソ連のロシアではスタニスラフ・

ペトロフさんは英雄として扱われないように

していたのでしょう。

1998年時点には、情報が出だしたらしい

ですが高齢で貧しい生活をしていたと

情報があります。

 

アメリカでは核戦争を回避させた功績を

称えたと情報があります。

アメリカ・サンフランシスコの平和市民

協会は、2004年に称えたそうです。

以下が渡されたと情報があります。

 

  • 世界市民賞
  • 副賞のトロフィー
  • 1000ドル

 

2006年にはアメリカ・ニューヨークで

行われた国際連合で、表彰されたそうです。

平和市民協会は2つ目の特別世界市民賞

渡したそうでです。

 

スタニスラフ・ペトロフさんが自分が英雄

ではないと話した記録があります。

 

「それが私の仕事だった」

と彼は言った。

引用元:https://www.npr.org/

 

 

自分が何をするべきか?

竹下義樹さんは日本初の全盲弁護士

であり困難を乗り越えて弁護士と

なった!

国の考え方に影響を与えた現役の

弁護士!

↓詳細はこちらから!

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

世界を核戦争から救ったスタニスラフ・

ペトロフさんは、母国から優遇された人物

ではなかったようです。

しかし、米ソ冷戦の核戦争を回避したこと

は確かであると思えます。

 

この記事では以下の内容をご紹介いたしました。

 

  • スタニスラフ・ペトロフさんが世界を核戦争から救った?
  • スタニスラフ・ペトロフさんの映画化とは?
  • スタニスラフ・ペトロフさんの晩年は?

 

次回の記事も要チェック!

 

海外社会芸能・文化
シェアする
chobizoshigeをフォローする



chobizo!トレンド!BLOG!

コメント