能津喜代房(のづきよふさ)の資生堂写真部の経歴と義理の父の後悔とは?

スポンサーリンク

chobizo!トレンド!BLOG!へご訪問
いただき、ありがとうございます。
管理人chobizoです。ちょっと気になる
情報を取り上げます。

 

【ザ・ノンフィクション】では

『素顔館』の館主である能津喜代房

さんが出演!

『遺影写真』の専門カメラマンに

なったきっかけとは?

 

今回は以下の内容をご紹介いたします。

 

  • 能津喜代房(のづきよふさ)さんの資生堂写真部の経歴とは?【ザ・ノンフィクション】
  • 能津喜代房(のづきよふさ)さんの義理の父の後悔とは?

 

詳細情報お届けいたします。

 

スポンサーリンク

1. 能津喜代房(のづきよふさ)さんの資生堂写真部の経歴とは?【ザ・ノンフィクション】

出典元:https://gyao.yahoo.co.jp/

 

能津喜代房さんの生年月日は

1948年10月と情報があります。

2021年で73歳と考えられます。

出身地は山口県であるそうです。

 

写真家になるために、

大学は東京写真大学短期大学部

(※現:東京工芸大学)を卒業した

そうです。

 

学生の時点から、

写真家になる目標を持っていたそうです。

大学を卒業した後に就職した会社は

資生堂であったそうです。

資生堂の写真部に配属されたそうです。

 

簡単に就職できない会社であろうと

考えられます。

また、写真家になる目標を実現したと

思われます。

 

しかし、2年で資生堂を辞めたそうです。

もっと自由に、自分の思うように写真が

撮りたかったのは?

 

能津喜代房さんは広告カメラマンとして

独立したそうです。

簡単に考えると

フリーのカメラマンとなったと思われ

ます。

 

「若いモデルの機嫌をとるのが嫌だった」

引用元:https://mememag.j-mode.co.jp/

 

しかし、写真家が良い写真を残すため

面倒なことはあったようです。

能津喜代房さんには苦手なこともあった

のでしょう。

 

能津喜代房さんは良い写真を残して

賞を受賞されることで頭角を現した

そうです。

 

  • 1990年:朝日広告賞部門賞
  • 2002年:ニューヨークADC銅賞

 

広告写真で、能津喜代房さんは生活

できる立場になったそうです。

そんな能津喜代房さんが、

なぜ、『遺影写真』専門のカメラマン

になったのでしょうか?

 

60歳になった頃の2008年に『素顔館

を開館したらしい…。

『素顔館』では『遺影写真』を

能津喜代房さんが撮影するそうです。

 

能津喜代房さんには恩人である人への

大きな後悔があったそうです。

後悔を二度としないために、

『素顔館』で『遺影写真』を撮り始めた

らしい…。

 

スポンサーリンク

2. 能津喜代房(のづきよふさ)さんの義理の父の後悔とは?

出典元:https://mememag.j-mode.co.jp/

 

能津喜代房さんが『遺影写真』に対して、

ピントがボケている『遺影写真』である

ことを悲しく感じるそうです。

 

明らかに、別の写真家ら切り取り、

伸ばした写真であるからだそうです。

 

そして能津喜代房さんの後悔とは

能津喜代房さんの妻・能津恵子さんの

父親のことであるそうです。

能津喜代房さんの義理の父と考えて

良いでしょう。

 

能津喜代房さんが妻の恵子さんと

結婚したのは独立した年であった

情報があります。

しかし、独立当初の能津喜代房さんは

カメラマンであるのにカメラを質に

入れるほど経済的苦境を経験している

そうです。

 

能津喜代房さんが苦労している時代に

妻の恵子さんの父親から経済的な

援助をしてもらったそうです。

 

しかし、能津喜代房さんは自分がプロの

カメラマンであるのに義理の父の遺影

を撮っていなかったとに後悔したそう

です。

能津喜代房さんの義理の父は急死した

のかも?

 

このことが影響して、『素顔館』で

遺影写真』を撮り始めたそうです。

 

「従来の遺影の多くは、

正面を向いた硬い表情の写真。

それだと古くからの友人であっても

よそよそしく感じてしまい、

手を合わせて最後のお別れを

交わす気が起こりにくいんですね」

引用元:https://mememag.j-mode.co.jp/

 

能津喜代房さんの『遺影写真』に

対する想いは強いと考えられます。

能津喜代房さん撮影する前には

ヒアリングをして、撮影に入るそう

です。

 

2013年8月に能津喜代房さんの母親

亡くなったそうです。

母親の遺影は能津喜代房さん自らが

撮影した写真であったそうです。

義理の父の時と同じ失敗をしたくないと

考えたと思われます。

 

人間はいずれ死を迎えることは100%

であり、自然の摂理であると思われます。

悲しいですが、『死』を回避できた人間

は存在しません。

 

最後のさよならは、笑顔になりたいもの

と思われます。

 

 

【ザ・ノンフィクション】では
北海道新冠町の牧場一家が取り
上げ
られた!

大林ファームを運営して
いる
大林美和さんが出演!

経営難で現在は?
夫の大林弘明さんとの馴れ初めは?

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

能津喜代房さんは資生堂に入社して

写真部に配属されたそうです。

2年で独立して苦労をしたそうです。

義理の父が、能津喜代房さんを支援

したそうです。

しかし、義理の父の『遺影写真』を

残せなかった後悔があるようです。

 

この記事では以下の内容をご紹介いたしました。

 

  • 能津喜代房(のづきよふさ)さんの資生堂写真部の経歴とは?【ザ・ノンフィクション】
  • 能津喜代房(のづきよふさ)さんの義理の父の後悔とは?

 

次回の記事も要チェック!

 

芸能・文化



こちらもイチオシ!おすすめ!
chobizo!トレンド!BLOG!

コメント

タイトルとURLをコピーしました