ボニー(オーストラリア人YOU)が文化服装学院?大分高校留学時代の家族とは?

スポンサーリンク

chobizo!トレンド!BLOG!へご訪問
いただき、ありがとうございます。
管理人chobizoです。ちょっと気になる
情報を取り上げます。

 

【YOUは何しに日本へ】では

文化服装学院で学んでいる

オーストラリア人YOUのボニーさんが

出演するらしい…。

高校時代に1年間大分県の高校に留学

していたらしい…。

 

今回は以下の内容をご紹介いたします。

 

  • ボニーさん(オーストラリア人YOU)が文化服装学院とは?【YOUは何しに日本へ】
  • ボニーさん(オーストラリア人YOU)の大分高校留学時代の家族とは?

 

詳細情報をお届けいたします。

 

スポンサーリンク

1. ボニーさん(オーストラリア人YOU)が文化服装学院とは?【YOUは何しに日本へ】

出典元:https://www.bunka-fc.ac.jp/

ボニーさんのフルネームは以下であるら

しいです。

 

ピルグリム・ボニー・ケートさん

 

ボニーさんは東京で一人暮らしをしている

らしい…。

東京の文化服装学院に受験する前から取材

されて、見事合格をしたようです。

文化服装学院に進学して日本で一人暮らしを

しているようです。

 

文化服装学院では、ファッション流通科を

専攻しているようです。

将来はアパレルやファッション関係の仕事を

目指しているのでしょうか?

 

一部情報では、日本語と英語の両方を使う

国際的な仕事にもチャレンジしたい

コメントが確認できます。

 

東京の文化服装学院に通い始めたきっかけが

ボニーさん一度日本に来日して、高校時代に

大分県で1年間留学したことが大きかったそう

です。

 

もう一度日本来たいと思ったのは、

大分で過ごした1年間とお兄さんの影響で

ファッションを学びたいと考えたからで

あるらしいです。

 

ボニーさんは日本語やファッションを学んだ

ことが考えられますが、文化祭にはモデルも

していたスタイルの良い人であるようです。

 

そんなボニーさんには、大分県の家族がいる

ようです。

 

スポンサーリンク

2. ボニーさん(オーストラリア人YOU)の大分高校留学時代の家族とは?

出典元:https://www.tv-osaka.co.jp/

 

【YOUは何しに日本へ】では

最初に大分空港でボニーさんは取材を

されるそうです。

ボニーさんが高校時代1年間留学していた

大分県の家族への里帰りを密着取材となる

ようですね。

 

大分の家族(ホストファミリー)では、

ボニーさんの方が2つ年上で留学時代はいつも

一緒にいた妹さんのような存在の人と再会する

らしい…。

本当の姉妹のように仲良しであり九州弁の

影響はホストファミリーの妹からであるで

しょう。

二人は抱き合って喜びを分かち合うようです。

 

大分の高校に留学した際には、ボニーさんは

全校生徒の前で挨拶をしたらしい…。

緊張したでしょうね…。

ボニーさんの高校時代の恩師にも会いに行った

そうです。

 

天安河原

出典元:https://www.google.com/

 

また、ホストファミリーの母と一緒に

天安河原のパワースポットにも出かけた

そうです。

 

ボニーさんは東京での生活では、

少しホームシックになっていたらしい…。

元気を大分の家族から得たのでしょう。

 

ボニーさんの東京での一人暮らしは

最初は心細かったそうです。

大分の高校に留学した時より友達を作ろう

積極的に友達を増やしていったそうです。

原宿のスポーツショップでアルバイト

していたらしい…。

 

 

【YOUは何しに日本へ】では

いか踊り』をするイギリス人YOUの

マギーさんとジョセッブさんが出演!

1年前に来日して慣れなかったそうですが

函館市民の優しさと、『いか踊り』を楽し

み打ち解けた!

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

オーストラリア人YOUのボニーさんは、

東京の文化服装学院へ進学したらしい…。

高校時代に1年間大分県の高校に留学した

ことがあり、再会したそうです。

 

この記事では以下の内容をご紹介いたしました。

 

  • ボニーさん(オーストラリア人YOU)が文化服装学院とは?【YOUは何しに日本へ】
  • ボニーさん(オーストラリア人YOU)の大分高校留学時代の家族とは?

 

次回の記事も要チェック!

 

芸能・文化
シェアする
chobizoshigeをフォローする



chobizo!トレンド!BLOG!

コメント