奥野淳也がブログで社会のマスク着用義務を批判する理由は?

chobizo!トレンド!BLOG!へご訪問
いただき、ありがとうございます。
管理人chobizoです。ちょっと気になる
情報を取り上げます。

『マスパセ』『マスク拒否おじさん』

自称する奥野淳也容疑者は逮捕時に、

ブログを読んでくださいと話していた

と報道されています。

今回は以下の内容をご紹介いたします。

  • 奥野淳也容疑者がブログで社会のマスク着用義務を批判する理由は?

詳細内容をお届けいたします。

スポンサーリンク

1. 奥野淳也容疑者がブログで社会のマスク着用義務を批判する理由は?

逮捕時にもひと悶着があったみたい

出典元:https://twitter.com/

人は1人では生きていくことが不可能で

あるという観点から社会が成り立って

いると、管理人chobizoは理解しています。

奥野淳也容疑者のマスク拒否に対して

個人である淳也容疑者日本社会互いに

妥協点に落とし込めていないと考えられ

ます。

マスクを拒否するならば別の選択肢を

提示することも大切と考えられます。

私は、飛沫防止至上主義こそが

問題の始まりだと考えています。

飛沫は目に見えないので

「もしかしたら奴が飛沫を

飛ばしているかも…」

という猜疑心が、

相互不信と社会の歪みを生んで

しまいます。

感染防止は確かに重要でも、

ある程度の「緩さ」がないと、

人々が手を縛り合い相互に監視・排除

する世界になります。

今、社会全体で「緩さ」を失って

しまったことが、

人と人との関係のギスギスさを生じ

させる原因となっています。

飛沫感染そのもの以上に深刻なのが、

社会が緩衝領域を失い一つの

目的方向に進んでしまうことです。

誰か一人でも協力しないと皆が感染

するとの強迫観念こそが、

問題の元凶です。

「緩さ」は、無作為の消極的なもの

でなく、実は

「社会の緩衝を作る」

という積極的な意味合いがあります。

その「緩さ」を今の社会が敢えて

持てるのかどうか、

ここが議論のポイントになります。

引用元:http://blog.livedoor.jp/

※マスク未着用途中降機乗客の記録(奥野淳也容疑者のブログ)から

新型コロナの感染は、飛沫から感染する

という情報があります。

マスクをすることで、飛沫防止になり

確率論的に新型コロナの感染リスクは

落ちると言われています。

マスクが100%の安全ではないが、感

する確率が落ちることは認識すべき

しょう。

奥野淳也容疑者の述べる

飛沫防止至上主義』の危うさには、

部分的に理解できると考えられます。

マスクをしていない人がいる場合

飛沫を飛ばしている悪い人間

考えられる傾向があると思われます。

新型コロナの感染がとまで感じら

れる社会になっていると感じ取れます。

現実的に飛沫は話をするだけで発生

しますが、話をせず・咳・くしゃみが

なければ論理的には飛沫は飛ばない

考えられます。

このような観点から共通テストで失格

になった鼻出しマスクの49歳男容疑者は

不憫に思える一面はあります。

ただし、話をしない、咳・くしゃみを

しないと大多数の人が出来るのか?

を考えると不可能感じます。

必ずイレギュラーが発生、話すことを

必要とする場面が出てくるでしょう。

飲食店のお一人様は話すという行動が

ほぼなくなる点で飲食店が受け入れても

良いケースと考えられます。

ただし、ルールを守ることが前提です。

奥野淳也容疑者は、感染確率を落とすため

に必要なマスクを拒否しています。

問題は、マスク以外の手段で対応を考えない

ことにあると思います。

それは、ピーチ・アビエーションの旅客機

側も考える問題と思えます。

厚生労働省公式

出典元:https://www.mhlw.go.jp/

同じ問題が繰り返されないように社会的に

マスクのみの対応ではなく別の選択肢を

考えることが求められると思います。

鼻出しマスクの49歳男も同様でマスクで

眼鏡が曇るのであれば、事前に別対応を

共通テスト側に相談するべきであった

考えられます。

マスクで人を非難する狂った日本社会にも

問題があると思います。

企業系サイトやテレビなどのメディアが

正しい情報を伝えているかは疑問としか

言えないと思います。

マスクを拒否する奥野淳也

高校や東大卒業と家族などについて

記事でご紹介しています。

発達障害を持っている情報あります。

是非読んでくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

人は1人では生きていけないので、

協力することが大切です。

マスクに固執せず、別の対応方法を社会が

考えるべきです。

この記事では以下の内容をご紹介いたしました。

  • 奥野淳也容疑者がブログで社会のマスク着用義務を批判する理由は?

次回の記事も要チェック!

スポンサーリンク