河本英雄社長(ユーハイム)の歴史や経歴とバウムクーヘンAIオーブン【カンブリア宮殿】

こんにちは。管理人のchobizoです。
いつもサイトへのご訪問、ありがとう
ございます。

テレ東系【カンブリア宮殿に出演する

株式会社ユーハイムの河本英雄社長

バウムクーヘンにAIオーブンを利用する

ことが話題になっています。

今回は、河本英雄社長(ユーハイム)の歴史や

経歴、河本英雄社長(ユーハイム)のバウム

クーヘンAIオーブンをご紹介いたします。

スポンサーリンク

1. 河本英雄社長(ユーハイム)の歴史や経歴

出典元:https://tv.yahoo.co.jp/

河本英雄社長生まれは1969年で兵庫県

神戸市東灘区出身です。

学歴は明治大学商学部卒業後慶應義塾

大学大学院に進み、

1999年に、慶大院修了となっています。

大学院を卒業したのが30歳と考えられます。

横道にそれたか、何かあったのでは?と考え

られます。

1999年にユーハイムに入社してから経験

を積んでいます。

商品企画室長、営業部長、関西支社長、

海外事業統括、営業本部長を経て

2012年に代表取締役専務就任しました。

2015年7月には株式会社ユーハイム代表

取締役社長となっています。

株式会社ユーハイムの本社は兵庫県神戸市

にあります。神戸市から全国百貨店等に

展開する洋菓子メーカーです。

販売する本店や工場も神戸市あります。

販売網が広がるにつれて販売店舗は

国内外に350店舗以上展開してます。

また、福岡工場、船橋工場、札幌工場

中央工場(愛知県安城市)、滋賀工場

(滋賀県長浜市)とあります。

株式会社ユーハイムの歴史の苦難は

1995年に神戸を襲った阪神淡路大震災

があります。

この時点では、河本英雄社長はまだ学生

時代です。しかし、以下の様なコメント

語っています

「死ぬ気になって頑張らないと

生き残れないぞという危機感が

ありました」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

この危機に追加して震災直前にはバブル

崩壊がありましたので、会社経営は苦しかっ

たと考えられます。

そのため、河本英雄社長の学業に影響を及ぼ

した可能性があります。

「直前にはバブル崩壊もあり

『こんなにおいしいのに、

どうして売れないんだろう……』

と悩み続ける日々も続きました。

でも、そこで気づいたんですね。

自分たちの魅力をちゃんと

もう一度考えて、お客様に伝えない

といけない」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

まだ学生時代にユーハイムの経営で悩ん

でいた可能性が高いです。

ユーハイムがお菓子作りで最も大切に

していることが純正自然』です。

無添加を追求しています。

「バウムクーヘンをずっとずっと

作り続けていく中で、

『自然に逆らわない』という

ドイツ菓子の考え方を重んじ、

創業者のレシピを守り続けています」

「1969年には『純正自然』の菓子

づくりを目指す社内ガイドライン

を作成しました。

この『純正自然』こそがユーハイム

の社是でした」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

ユーハイムの創業1909年です。100年以上

の歴史がある会社です。

「100年続けば、いいときもあれば、

悪いときも必ずある」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

これまで生き延びたスキルでコロナ社会

にも対応しようと新しい試みを始めています。

スポンサーリンク

2. 河本英雄社長(ユーハイム)のバウムクーヘンAIオーブン

AIの技術を活用し、バウムクーヘンを焼く

オーブン「THEO(テオ)」

出典元:https://twitter.com/

株式会社ユーハイムは世界初のバウムクー

ヘン専用AIオーブンのTHEOテオ)」

を公表しています。

このAIオーブンの開発において反感も

あったように感じます。

菓子職人が最初は後ろ向きだったと情報

があります。

THEOはユーハイムに40年間勤務した

職人のデータから学んでいるそうです。

この40年に及ぶ膨大なデータを経験値

としてTHEOは持っていることがAI

技術です。

「職人技術とテクノロジーの親和性

は高い。二つを掛け合わせた過程を

経ることで、お菓子が格段に美味し

くなる」(河本氏)

引用元:https://japan.cnet.com/

THEOは高速電装イメージセンサーを

搭載し、職人の生地の焼き具合をAIが

再現する。

芯棒に生地をつけてオーブンの中に

入ると扉が閉まり、数分焼く。

焼き上がったら扉が開き、焼成過程に

あるバウムクーヘンが出てくる。

画像センサーが焼き色を見て、次の層の

生地をつけて再びオーブンへ。

これを繰り返しながら、30分ほどで

1本を焼き上げる。機械学習を利用する

ことで、職人が5~10回焼けばその職人

の焼き方を学習すると言う。

引用元:https://japan.cnet.com/

THEOの検証は2021年から開始される

そうです遠隔操作なども可能なようで

人が近づかなくてもオーブンが可能なため

コロナ対策になり得ると思います。

2021年3月4日の名古屋でBAUM HAUS

の開店を一つの目標として結果を残す方針

そうです。

元々は南アフリカでスラム街の子供たちに

バウムクーヘンを届けたいという想いから

河本英雄社長が進めた開発だそうです。

純正自然AI技術融合の結晶とも

考えられます。

コメダ珈琲の臼井興胤社長を記事でご紹介

しています。

原田泳幸氏にCOO(最高執行責任者)と

してマクドナルドに迎えられました。

しかし、原田泳幸氏の職権乱用があり、

訴訟問題に…。

是非読んでくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

河本英雄社長は株式会社ユーハイムが創業

から100年以上経ち、バブル崩壊、震災、

コロナと経験しています。

新たな試みのAIオーブンの「THEO(テオ)」

の開発を進めています。

この記事では、河本英雄社長(ユーハイム)の

歴史や経歴、河本英雄社長(ユーハイム)の

バウムクーヘンAIオーブンを

ご紹介いたしました。

次回の記事も要チェック!

スポンサーリンク