with コロナ!新卒の就活と新しい働き方とは?!テレビ放送!

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染拡大による政府の

緊急事態宣言の解除から1ヶ月以上経過しまし

た。

 

これで新型コロナウイルス問題が終わったの

ではないです。今後、ウイルスとの共存が社

会的に求められます。

 

日本は島国であるため、新型コロナウイルス

に対する対応が、大陸で繋がった国より行い

やすかった考えられます。

 

また、島国であるがために初めての対応とな

り、国民が混乱したとも言えます。

 

この記事では、with コロナの生活・社会

新型コロナウイルス問題による新卒の就活と

新しい働き方とは、そしてwith コロナ新しい

働き方のテレビ放送をご紹介いたします。

 

1. with コロナの生活・社会

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

以前の記事で山中伸弥教授が新型コロナウイ

ルス対する情報を発信しているとご紹介いた

しました。

自分自身が感染している前提で、思いやりと

ソーシャルディスタンスを持つことが大切

山中伸弥教授も発信しています。

 

現状、日本の累計患者数は18000人超です。

東京都の累計患者数が6000人ほどです。

1/3ほどの人数を東京都が占めます。

次に累計患者数が多いのは大阪で1800人ほ

どです。

このことから、東京都とその近辺の地域が感

染患者が多いと判断できます。人口が圧倒的

に多いことで、クラスターが発生しやすい環

です。

 

緊急事態宣言解除後の東京都の感染者推移は、

新規患者数のおよそ半分が東京都となってい

ます。記事執筆時は東京都の感染者は50人以

上です。国も警戒しています。

 

やはり東京都は人口密度が地方と異なり過ぎ

ています。

 

3蜜を回避しにくい環境が東京と言わざるを

得ないので、他の都道府県より厳しい対応を

取る可能性を否定できません。

 

『with コロナ』時代の新しいライフスタイル

を考える必要があります。自粛生活の仕方を

考えて、社会におけるストレスの軽減思い

やりの行動をする価値観を新しく創り上げる

ことが急務です。

 

2. 新卒の就活と新しい働き方とは?!

『with コロナ』時代となり、新卒の就職の

心配は当然あります。

コロナ前と比較して、就職率が1/3になるな

どと厳しい予測を立てている人もいます。

確かに『バブル崩壊』、『リーマンショック』

よりダメージがあり、長期化すると考えられま

す。

 

しかし、一部の事業では多忙となっています。

運送業や通販などです。

 

過去の『就職氷河期』世代をつくってしまっ

た結果の問題を、社会は考えなければなりま

せん。会社は世代において、極端に少ない世

代をつくってはいけないのです。

 

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

そして、新しい働き方として、テレワークや

在宅勤務が導入されました。メリットがあれ

ば、デメリットもあります。

 

メリットは家でも仕事ができるなど、会社に

出勤しなくても業務ができることです。

 

落とし穴として、デメリットが急激に伝えら

れています。コミュニケーション不足により、

息抜き・リフレッシュができなこと。精神的

な疲労と病気となりやすいことです。

肉体的にも運動不足になりやすいことが上げ

られます。

 

3. with コロナ新しい働き方テレビ放送

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

『未来スイッチ「withコロナ 新しい働き方

は」(NHK)』

2020年7月1日23時40分7月4日22時58分

からです。

 

5分もない番組ですが、注目です。

誰もが働きやすい環境を創ることは重要です。

with コロナから導入が加速した在宅勤務に一

石を投じます課題に対して、社会を巻き込

んで解決することが、一人一人が助けられる

ことになると思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

この記事では、with コロナの生活・社会で

新しいライフスタイルを考える重要性と、

新卒の就活と新しい働き方とはで就活の心配

と在宅勤務にはデメリットがあること、そし

with コロナの新しい働き方のテレビ放送

をご紹介いたしました。

 

これから、ウイルスとの共存が上手くできな

ければ、また感染者は多くなります。

新たなライフスタイルを築き上げる新時代で

す。

 

次回の記事もお楽しみに!

 

 

生活社会
シェアする
chobizoshigeをフォローする



chobizo!トレンド!BLOG!

コメント