井岡一翔vs田中恒成の予想や過去のスパーリングとスーパーフライ級のビッグマッチとは?

スポンサーリンク

こんにちは。管理人のchobizoです。
いつもサイトへのご訪問、ありがとう
ございます。

 

2020年12月31日に現段階で日本人同士

で最も試合を観たいカードが実現してい

ます。WBOスーパーフライ級王者の井岡

一翔選手と同級1位の田中恒成選手の試合です。

 

今回は、井岡一翔選手vs田中恒成選手の

予想や過去のスパーリング、井岡一翔選手

の求めるスーパーフライ級のビッグマッチ

とは?をご紹介いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

1. 井岡一翔選手vs田中恒成選手の予想や過去のスパーリング

出典元:https://twitter.com/

 

王者の井岡一翔選手と田中恒成選手の共通点

は、お互いアマチュアで実績を残して

プロでも複数階級の世界王者となっている

ことです。

 

井岡一翔選手はアマチュア高校6冠

田中恒成選手はアマチュア高校4冠です。

世代的には井岡一翔選手が2020年で

31歳で、田中恒成選手は25歳です。

 

プロキャリアではお互いに輝かしい

戦績を残しています。

王者の井岡一翔選手はミニマム級

ライトフライ級フライ級

スーパーフライ級で世界王者となって

います。

日本人初の4階級制覇王者です。

プロ戦績は27戦25勝 (14KO) 2敗です。

負けは世界でも名の知れた選手です。

アムナット・ルエンロン(タイ)

ドニー・ニエテス(フィリピン)です。

 

対する田中恒成選手もミニマム級

ライトフライ級フライ級の世界王者

となっています。

プロ戦績は15戦15勝(9KO) 無敗で負け

知らずで勢いがあります。

 

識者の間でも意見が分かれています。

井岡一翔選手に関しては一度引退した後

の復帰で評価が高まりました。

果敢に海外でも強豪と試合を行いファイト

スタイルの変化を感じます。

よりアグレッシブな戦い方になっています。

パワーもスーパーフライ対応になってきた

と評価されています。

知名度は井岡一翔選手の方が世界的にも

あると考えられます。

テレビ局が世界戦を毎回放送しています。

 

田中恒成選手はスーパーフライ級に上げて

初めての試合になります。

減量苦は以前から報道されています普段

の体重が60kg以上と情報がありました。

52.16キログラム(115ポンド)で

フライ級の時より減量は楽になると考えら

れます。

世界レベルの減量は10kg未満にする傾向が

あります。

スピードやパワーでは田中恒成選手の方が

評価が高いです。

これまで結果を出していたのですがテレビ

放送に恵まれていなかったです。

井岡一翔選手に勝利するとテレビ局が

しっかり放送するようになるでしょう。

 

しかし、井岡一翔選手のキャリアと試合を

組み立てる能力、そして引き出しの数や

ごまかし方などで田中恒成選手が攻め込

められないパターンが考えられているよう

です。

つまり技術・テクニックは井岡一翔選手の

評価が高いです。

 

試合前予想では、ほぼ五分五分です

 

↑現役選手の少し前の予測

 

しかし、スパーリングでは過去に二人は

拳を交えています。

 

2人の因縁は8年前までさかのぼる。

高校生の田中が世界戦を控えた

井岡のスパーリングパートナー

として呼ばれた。

当時の田中は世界王者だった井岡に

歯が立たたず、短いスパーで鼻血が

出たほどだった。

 

「4ラウンドのスパーでしたが、

井岡選手の強さを感じました」

その時から田中は井岡を意識していた

だろう。

対する井岡は

「かなり前なので、全然覚えていない」

と話している。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

 

8年前は井岡一翔選手が上回っていたのは

当然です。田中恒成選手は高校生で

井岡一翔選手はプロで世界王者です。

 

田中恒成選手が苦手意識を持っているならば

井岡一翔選手にコントロールされると考え

られます。

田中恒成選手は中間距離でボクシングする

より潰しにかかる方が良いという識者も

いるようです。

井岡一翔選手の方が相手に合わせて戦い方

を選択できる所がキャリアと言われる理由です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

2. 井岡一翔選手の求めるスーパーフライ級のビッグマッチとは?

ローマン・ゴンザレス

出典元:https://twitter.com/

 

現状の世界のスーパーフライ級は強豪が

揃っていす。

最もファイトマネーを稼ぐのは上画像

ローマン・ゴンザレスでしょう。

全盛期を過ぎたとは言え世界王者に

返り咲いています。

 

有名どころを挙がると以下になります。

WBC ファン・フランシスコ・エストラーダ メキシコ
WBAスーパー ローマン・ゴンザレス ニカラグア
WBAレギュラー ジョシュア・フランコ アメリカ
IBF ヘルウィン・アンカハス フィリピン
前WBC シーサケット・ソー・ルンヴィサイ タイ

 

ボクシングで権威あるRing誌での格付け

ではスーパーフライ級最強王者は、

ファン・フランシスコ・エストラーダです。

 

ファン・フランシスコ・エストラーダ

出典元:https://twitter.com/

 

続く下のランキングです

1位:シーサケット・ソー・ルンヴィサイ

2位:ローマン・ゴンザレス

3位:井岡一翔選手

 

田中恒成選手はフライ級で格付けされて

いる状態で最強と評価されています。

恐らく、まだスーパーフライ級での実績が

ないことが影響しているのでしょう。

 

井岡一翔選手は強豪と試合をしたいため

田中恒成選手との試合を以下のように

語っています。

 

「格の違いを見せる」

「注目していた選手じゃない」

「自分にとってメリットのない試合」

引用元:https://www.tokyo-sports.co.jp/

スーパーフライ級の世界の強豪と試合が

したいのが本音でしょう。

 

田中恒成選手は世界で3階級を制覇した

選手です。田中恒成選手も語っています。

 

「スピード、スタミナ、パワー。

負けてるものは何もない。

直接戦えば俺の方が強いと思っています。

世代交代というか、自分がこれからの

ボクシング界を引っ張っていきたい

のでKOで勝ちたい」

引用元:https://www.tokyo-sports.co.jp/

 

2020年の最も観たいボクシングのカード

に注目です。

 

 

日本人ボクサーで最も評価が高い井上尚弥

選手を記事でご紹介しています。

バンタム級で主要4団体のベルトを揃える

ことが目標と報道されています。

しかし、コロナ禍で次戦は恐らく日本かと….。

是非読んでくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

技術・テクニックの井岡一翔選手か

スピード・パワーの田中恒成選手か

が注目です。

 

この記事では、井岡一翔選手vs田中恒成選手

の予想や過去のスパーリング、井岡一翔選手

の求めるスーパーフライ級のビッグマッチ

とは?をご紹介いたしました。

 

次回の記事も要チェック!

 

スポーツ
シェアする
chobizoshigeをフォローする



chobizo!トレンド!BLOG!

コメント