釣り船船長!田代誠一郎大物釣りの人気とプロフィール【プロフェッショナル】

スポンサーリンク

いつもサイトをご訪問していただいてありが

とうございます。管理人chobizoです。

 

釣り船の船長をしている田代誠一郎さん。

人でも大物狙いのアツイ釣りができることで

有名です。

 

このような釣り船船長!田代誠一郎の大物釣

りの人気と、プロフィール、そして【プロフ

ェッショナル 仕事の流儀】に出演をご紹介い

たします。

 

1. 釣り船船長!田代誠一郎の大物釣りの人気

出典元:https://twitter.com/

2年先まで予約されている大人気のサンライズ

代表の田代誠一郎さん素人でも大物狙いで

結果を出すことが最大の魅力です。

狙うのはヒラマサ!年間1500本以上の結果を

出しています。海を読み取る強力な観察眼で、

客の腕まで考慮して釣り旅をしています。

 

実際に田代誠一郎さんの釣り船『新海』に乗

船した方のブログをみました。

悪天候で出船中止となっても佐賀県唐津市を

楽しませてくれるサービスも魅力があります。

一緒に美味しい食べ物やお酒を飲んで、田代

さんが気さくな人と思いました。

 

そして、最大のサービスは釣りで大物を釣ら

せてもらえることです。ヒラマサをメインに

様々な大物釣りの実績が凄いです。←クリック

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

初乗船にて、テ゛カンハ゜チおめて゛とうこ゛さ゛いました!ナイスファイトて゛した。 リリース有難う御座います。

田代誠一郎(@sunrise.shinkai)がシェアした投稿 –

↑こういったヤバイ大物を釣った実績もあり

ます。デカ過ぎですよね。

 

釣り方はルアーでキャスティングです。擬似

餌(ぎじえ)を狙ったポイントへ届くように

投げるのです。勿論、田代さんが船長ですの

釣れるポイントを探してくれるのです。

田代さんは釣れることを読み取る能力が凄

いのです。

 

また、田代さんがお客さんを大切にしている

気持ちは以下です。

 

サンライズ/新海の船長を務めさせて

頂きます田代誠一郎と申します。

安全で楽しい釣りをモットーに、皆様

をガイド致します。

 

玄界灘に広がる無限の可能性を楽しみ

ながら、答えなき答えをこれからもア

ングラーの皆様と探し続けて行きたい

と思いますので、何卒宜しくお願い致

します。

出典元:https://sunrise.genkainada.jp/

 

2. プロフィール

出典元:https://twitter.com/

発行部数は少ないですが、写真集も出してい

ます。

 

田代 誠一郎(たしろ せいいちろう)

生年月日

1979年9月

 

住所

佐賀県唐津市

 

職業

遊漁船業

サンライズ代表

S.F.P.Cのメンバー

※Sports Fishing Promotion Committee

(スポーツフィッシング推進委員会)の略

 

 

田代さんが20歳の時に奄美大島でGTフィッシ

ングのガイドをしていてました。

GT(Giant Trevally)でジャイアントトレバ

リーの略です。ヒラアジというデカい魚です。

やはり大物釣りは人気があるのですね

 

GTフィッシングのカリスマの福井健三郎さん

に弟子入りします。5年間凄腕船長たちの中

でGTフィッシングの修業をします。凄く貪欲

に釣りを学んでいたとで評価が高かったよう

です。

 

5年後に佐賀県唐津市で遊漁船業を始めまし

た。今はサンライズの代表で、全国に名を上

げているアングラー(釣り人)です。

 

気になる乗船料金のご案内は、サンライズの

公式HPをご確認ください。  ↑クリック

 

釣りもスポーツ!サッカーのミライモンスター

高橋新太郎くんを記事でご紹介しています。

 

3. 【プロフェッショナル 仕事の流儀】に出演

 

田代誠一郎さんが【プロフェッショナル 仕

事の流儀】に出演します。

『はだしの船長、新たな海へ~釣り船船長・

田代誠一郎~』という題名です。

2020年7月21日22時30分から放送予定。

 

運でなく、狙ってヒラマサを釣り上げるが

注目です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

この記事では、釣り船船長!田代誠一郎の大

物釣りの人気と、プロフィール、そして【プ

ロフェッショナル 仕事の流儀】に出演をご

紹介いたしました。

 

玄界灘のアツイ釣りに注目です。

 

次回の記事もお楽しみに!

スポーツ
シェアする
chobizoshigeをフォローする



chobizo!トレンド!BLOG!

コメント