ラトウヘイ(羅登萍)がミャオ族で岩壁を登る女性で仕事や結婚は?

スポンサーリンク

chobizo!トレンド!BLOG!へご訪問
いただき、ありがとうございます。
管理人chobizoです。ちょっと気になる
情報を取り上げます。

 

【有吉の世界同時中継】では

中国の少数民族であるミャオ族の岩壁を

素手でかけ登る職人が紹介されるよう

です。

羅登萍(ラ・トウヘイ)さんであろう…。

 

今回は以下の内容をご紹介いたします。

 

  • ラ・トウヘイ(羅登萍)さんがミャオ族で岩壁を登る女性とは?【有吉の世界同時中継】
  • ラ・トウヘイ(羅登萍)さんの仕事や結婚は?

 

詳細情報をお届けいたします。

 

スポンサーリンク

1. ラ・トウヘイ(羅登萍)さんがミャオ族で岩壁を登る女性とは?【有吉の世界同時中継】

出典元:http://www.ifuun.com/

海外の報道では「スパイダーウーマン

として紹介されているようです。

羅登萍(ラ・トウヘイ)さんは少数民族

のミャオ族で岩壁を素手でかけ登る

伝統を受け継いでいるようです。

 

場所は報道によると、

貴州省紫雲ミャオ郡格凸河大橋の地域

であるそうです。

 

出典元:https://www.facebook.com/

出典元:https://www.facebook.com/

命綱が確認できないため

やばいと思います。真似はしないよう

にしましょう。

 

ミャオ族の岩壁を登る伝統は何世紀も

伝わっている伝統であるようです。

断崖絶壁の岩壁の上にツバメの巣が

あるそうです。

ツバメの巣が良い肥料であるそうです。

 

ミャオ族の伝統の由来は以下である

ようです。

 

亡くなった親戚の棺桶を収容する

ことから始まり、

その後、肥料としてツバメの糞を

集めるか、ハーブを集めるために

始まりました。

引用元:http://www.ifuun.com/

 

詳細は理解が困難ですが

死者を弔うために始まったように

感じられます。

 

スポンサーリンク

2. ラ・トウヘイ(羅登萍)さんの仕事や結婚は?

出典元:https://www.facebook.com/

ミャオ族の伝統を継いでいる人は

合計6人いると情報があります。

その中で、羅登萍(ラ・トウヘイ)

さんは唯一の女性であるようです。

 

羅登萍さんは15歳の頃に父親から

岩壁を登る伝統を学び始めたそうです。

 

「男性と女性は平等であり、私は学ぶことができる」

引用元:http://www.ifuun.com/

↑ミャオ族の伝統は女性は出来ないと

されていた時代があった?

 

引用元:http://www.ifuun.com/

羅登萍さんはミャオ族の岩壁を登る・

降りる伝統で、観光客にその伝統の

技を見せているようです。

 

羅登萍さんは1日2回岩壁を登る伝統

観光客に見せているようです。

休みは月に4日であるようです。

 

羅登萍さんは通常月額3000元以上で

繁忙期には月収は8000元以上となる

らしい…。

3000元は日本円で5万9000円ほど。

8000元は日本円で15万8000円ほどで

あるようです。

 

また、羅登萍さんは2019年の情報

では38歳と情報があります。

2022年で41歳あたりの年齢であろう

と想定されます。

 

羅登萍さんは結婚をしており、

旦那さんと娘さんがいるそうです。

 

いつの時点か不明なのですが、

娘さんは中学3年と情報があるようです。

2022年で高校生?大学生?あたりの

世代であろうと思われます。

 

羅登萍さんは得た収益により

フロード車とトラックを購入している

ようです。

その車を運転するのが羅登萍さんの

夫であるようです。

羅登萍さんの夫は、ビジネスを協力

しているそうです。

 

 

【ナゼそこ?】では
岡山県の月見山の山奥で、
共同生活している雨柊さんと
てっちゃん出演!

雨柊さんは大卒4500坪
の森を開墾している?

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

羅登萍さんはミャオ族で岩壁を登る

伝統を受け継いでいるようです。

観光客にその技を見せるビジネスを

しているらしい…。

 

この記事では以下の内容をご紹介いたしました。

 

  • ラ・トウヘイ(羅登萍)さんがミャオ族で岩壁を登る女性とは?【有吉の世界同時中継】
  • ラ・トウヘイ(羅登萍)さんの仕事や結婚は?

 

次回の記事も要チェック!

芸能・文化



こちらもイチオシ!おすすめ!
chobizo!トレンド!BLOG!

コメント

タイトルとURLをコピーしました