峯謙介(佐賀商業)の現在は?息子の峯大翔は横浜高校で1年でレギュラーとは?

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。

chobizo!トレンド!BLOG!へご訪問
いただき、ありがとうございます。
管理人chobizoです。ちょっと気になる
情報を取り上げます。

 

【プラチナリスト】では

1994年の甲子園で優勝した佐賀商業

2年生エースであった峯謙介さんが

取り上げられるそうです。

プロ野球には進んだ?

 

今回は以下の内容をご紹介いたします。

 

  • 峯謙介さん(佐賀商業)の1994年甲子園で優勝とは?【プラチナリスト】
  • 峯謙介さん(佐賀商業)の現在は?
  • 峯謙介さん(佐賀商業)の息子の峯大翔さんは横浜高校で1年でレギュラーとは?

 

詳細情報をお届けいたします。

 

スポンサーリンク

1. 峯謙介さん(佐賀商業)の1994年甲子園で優勝とは?【プラチナリスト】

出典元:https://www.jiji.com/

1994年夏の甲子園大会で、

ひときわ輝いたのが、

佐賀商・峯謙介投手だった。

2年生ながら1回戦から決勝までの

全6試合55イニングを完投。

708球を投げ抜き、

深紅の大優勝旗を佐賀県に初めて

もたらした。

峯を最後に夏の甲子園で全試合を

完投した優勝投手はいない。

「自分のためにというより、

3年生のためにという気持ちが

強かった。チームのために、

その思いだけ。試合に出られ

なかった3年生の方々が、

僕ら下級生をサポートしてくれた。

扇風機をあててくれたり、

ぬれタオルをくれたり。

率先してやってくださる姿を

見ていたら、

自然とそういう気持ちになり

ますよね」

 

サポートに回ることを

いとわなかった3年生の存在が、

チームを一つにまとめていった。

佐賀大会は背番号11。

2番手投手として夏を迎えたが、

背番号1の渡島寛記が本来の力を

発揮できず。

次第に登板機会が増え、

信頼を勝ち取った。

小学6年から憧れて進学した

佐賀商で、初めて背番号1を

手にしたのが甲子園。

モチベーションも好投を後押しし、

あれよあれよという間の全国制覇

だった。

 

「今考えれば、優勝してからは

本来の自分ではなかったですね。

周りから見られるにつれて、

自分を持つことができなくなって

いきました」

 

無欲で勝ち取った栄光の後の

“重圧”はとてつもなく大きかった。

峯をはじめ不動のスタメンだった

1、2年生が5人。

戦力充実の新チームは、

翌年も甲子園での活躍を期待された。

周囲からの評価は“峯がいるなら

勝って当たり前”。

自分自身では納得のいく投球で

試合に勝っても、

新聞などには「ホロ苦、2失点」

と厳しい見出しが並んだ。

秋の九州大会では初戦で藤蔭に

逆転負け。

翌春の選抜出場の道を断たれた。

 

元来、結果を追い求めるタイプ

ではなかったが、

次第に「自分らしさ」を見失って

いった。

他者がつくりあげた「峯謙介」に、

少しでも近づこうとした。

プロ入りを目指し、当時の指標

とされた140キロには到達したが、

その分だけ、投球時の力みに

つながった。

 

「こんなはずではない」との思いで

迎えた3年夏の佐賀大会は決勝まで

進んだが、2点優勢の8回に3点を

失い龍谷に2―3で逆転負け。

目標に掲げていた

「全員で優勝旗を返しにいく」

ことはかなわず、

エースである自分を責めた。

 

社会人野球のJR九州に進んでも

「甲子園優勝投手」の看板は

ついて回った。

思うような結果を残せず、

3年目を終える頃には構想外に。

「もう1年やらせてください」

とお願いして残留した4年目は

好投を続けたが、一方で、

心は限界だった。

 

「今になって振り返ると、

気持ちがめいっていたのかも

しれませんね。

今なら絶対に辞めない。

優勝投手というのが重荷になって、

野球に対してポジティブに

なれなかった」

 

風向きが変わったのは、

軟式野球をプレーしてからだった。

JR九州を退社後、

家業のスポーツ用品店を手伝って

いると、ひらまつ病院の

平松克輝理事長から声をかけられた。

軟式野球の面白さを知るにつれ、

いつしか

「くすぶっていたものが、

すっと消えた」。

 

入部から2年後、

クラブチームから企業チームにな

ったのを機に、同院に入社。

あれほど苦しめられた

「日本一」のステージを再び

目指すことを決めた。

野手として打撃を極めようと、

あれこれ考えを巡らせる日々。

天皇杯にも出場し、国体では

3位にもなった。

37歳で現役を引退した。

 

「楽しく野球をさせてもらえた。

ご縁に感謝です」

 

長男・大翔が所属した

「思斉館少年」では監督を務めた。

注力したのは技術面よりも

「自立できる人間になる」こと。

道具の整理整頓やあいさつ、

礼儀の大切さを口酸っぱく

言い続けた。

そんな指導スタイルが、

中学硬式野球ポニーリーグの

強豪・佐賀ビクトリーを率いる

古澤豊監督の目にとまり、

総合コーチに就任。

再び大翔とともに白球を追った。

 

その大翔は今春から横浜に進学。

1年生ながら名門の背番号14を

つけ夏の甲子園出場を果たした。

 

「覚悟を決めて親元を離れた。

誰もが行ける高校ではない。

素晴らしいチームに入学

させてもらった。

指導者の方々、先輩方も素晴らしい。

みんな本気で野球と向き合い、

1年生がプレーしやすい環境を

つくってくれる。

自分が決めた道。

悔いのないように3年間を

過ごしてほしい」

 

JR九州での最終年、

野球に踏ん切りをつけた瞬間が

あった。

1999年5月16日の

西武―オリックス戦。

西武の新人・松坂大輔が初対戦の

イチローから3三振を奪い、

試合後のお立ち台で

「自信が確信に変わりました」

と語った、あの有名なシーンだ。

 

「その言葉を聞いて

“あっ、こういう選手がプロに行くんだ。

自分は行けるわけがないな”

と素直に思えたんです。

もう、今年で辞めよう、と」

 

その松坂の母校である横浜に、

長男が進学するのだから人生は

分からない。

「自分の子供が横浜へ行くこと

になるとは思ってもみなかった。

僕は勝手にご縁を感じているんです」。

屈託のない笑みを浮かべながら、

自身の4年後に同じ

「甲子園優勝投手」

となった松坂に思いをはせた。

引用元:https://www.sponichi.co.jp/

出典元:https://www.youtube.com/

峯謙介さんは振り返ってみると

甲子園の優勝投手になって

「よかったとは思わなかった

そうです。

 

↑峯謙介さんは1人で6試合完投は

投げ過ぎだった?

 

峯謙介さんは高校2年で甲子園の

優勝投手になったことで、

自分の野球に悪い影響があった

そうです。

 

厳しいプレッシャーがあったので

しょう。

他人が求める峯謙介さんになろう

としたことで苦しんだそうです。

 

峯謙介さんはプロ野球選手になる

ことができなかったそうです。

 

スポンサーリンク

2. 峯謙介さん(佐賀商業)の現在は?

出典元:https://www.youtube.com/

2022年9月18日時点では

峯謙介さんは「ひらまつ病院」で

勤務しているようです。

健康教室のようなことをしている

ようです。

 

また、「佐賀ビクトリー」の

総合コーチもしいているそうです。

「佐賀ビクトリー」は

中学の硬式野球のチームであるよう

です。

 

選手としての峯謙介さんは

JR九州硬式野球部で硬式の野球は

辞めたそうです。

 

ただし、ひらまつ病院の軟式野球

チームで活躍して37歳で引退した

そうです。

 

ひらまつ病院は佐賀県にある大きな

病院であるようです。

スポーツにチームの運営にも力を

入れている病院であるようです。

 

陸上やバスケのチームもあるよう

です。柔道もあるそうです。

 

峯謙介さんの生年月日は

1977年6月30日と情報があるよう

です。

2022年で46歳になると考えられ

ます。

 

スポンサーリンク

3. 峯謙介さん(佐賀商業)の息子の峯大翔さんは横浜高校で1年でレギュラーとは?

峯大翔さん

出典元:https://www.hb-nippon.com/

2022年9月18日時点で、

峯謙介さんの息子さんである

峯大翔さんは野球の名門である

横浜高校に所属しているそうです。

 

峯大翔さんは父親の峯謙介さんが

監督をしていた「思斉館少年」で

主将をしていたそうです。

 

中学は時代の峯大翔さんは

佐賀ビクトリー」に所属していた

そうです。

 

峯大翔さんは横浜高校でセカンドを

守り、1年でレギュラーになったと

いう情報があるようです。

 

↑逸材と高い評価であるようです。

 

 

2022年夏の甲子園では
滋賀県代表の近江高校
活躍をして
いる山田陽翔選手
注目された!

凄い選手でカッコいい!
匂わせ彼女が沢山?!

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

【プラチナリスト】では

佐賀商業の1994年の甲子園の

優勝投手である峯謙介さんが

取り上げられるそうです。

 

この記事では以下の内容をご紹介いたしました。

 

  • 峯謙介さん(佐賀商業)の1994年甲子園で優勝とは?【プラチナリスト】
  • 峯謙介さん(佐賀商業)の現在は?
  • 峯謙介さん(佐賀商業)の息子の峯大翔さんは横浜高校で1年でレギュラーとは?

 

次回の記事も要チェック!



こちらもイチオシ!おすすめ!
スポーツ芸能・文化
シェアする
chobizo!トレンド!BLOG!

コメント

タイトルとURLをコピーしました