宮原幸一郎(東京証券取引所)の社長辞任や金融庁と富士通への損害賠償は?

こんにちは。管理人のchobizoです。
いつもサイトへのご訪問、ありがとう
ございます。

東京証券取引所の宮原幸一郎社長が辞任

すると報道あります。

2020年10月1日のシステム障害で終日

取引ができない事態になったことの責任

考えられます。

今回は、宮原幸一郎氏(東京証券取引所)の

社長辞任や金融庁は?、宮原幸一郎氏

(東京証券取引所)の富士通への損害賠償は?

をご紹介いたします。

スポンサーリンク

1. 宮原幸一郎氏(東京証券取引所)の社長辞任や金融庁は?

出典元:https://twitter.com/

東京証券取引所の宮原幸一郎社長が

10月に発生したシステム障害と

終日売買停止の責任を取り、

辞任する意向を固めたことが30日、

分かった。

親会社の日本取引所グループ(JPX)の

清田瞭最高経営責任者が当面、

東証社長を兼務する。

東証のシステム障害問題をめぐっては、

金融庁が30日、東証とJPXに業務改善命令

を出す方針。清田氏は同日午後の記者会見

で詳細を説明する。関係者によると、

宮原氏は30日の取締役会で辞意を

表明した。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

宮原幸一郎氏が2020年10月1日のシステム

障害に対して責任を取る形で社長を辞任

しました。

宮原幸一郎氏の行動がまとも』過ぎて

驚きを感じます。

金融市場の中心である東証で起きた売買の

終日停止の責任は重いのでやむを得ない

ですが、宮原幸一郎氏のように辞任しない

方が日本社会には多いと思います。

また、JPXの清田瞭最高経営責任者は

月額報酬の50%を4カ月減額する方針です。

金融庁は業務改善命令を出す方針です。

1999年5月に取り引きがシステム化

されて以降初めて、すべての銘柄の

売買が終日停止され、個人や

機関投資家らが取り引きできなくなる

事態が生じました。

システムの機器が故障した際、

バックアップ機能が正常に働かず、

トラブルの後、速やかに売買を再開

させるためのルールがなかったこと

などが原因でした。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/

金融庁は、日本取引所グループと東京証券

取引所の報告書を精査して立ち入り検査も

行ったそうです。

その結果、内部の管理体制に問題があった

としています。

再発しないように、業務改善命令を出す

方針です。

金融商品取引所に対する投資者などの

信頼を著しく損なうもの

大きくJPXの責任の明確化が求められた

そうです。

超高速取引を可能にしたarrowhead』は

凄いです。

しかし、共有ストレージ上のメモリーに不具合

が生じたが、バックアップできなかったこと

で大きな問題になりました。

東証では2005年11月に株式の全銘柄

の取引が約3時間にわたって止まった他、

06年1月には当時のライブドア株に

売り注文が殺到し、株式取引が

一時全面停止に追い込まれるなど、

これまでもシステム障害が発生している。

引用元:https://www.itmedia.co.jp/

東京証券取引所のシステム障害は今回が

初めてではないです。

スポンサーリンク

2. 宮原幸一郎氏(東京証券取引所)の富士通への損害賠償は?

出典元:https://twitter.com/

東京証券取引所では富士通製の株式売買

システムarrowhead』(アローヘッド

がつかわれています。

出典元:https://twitter.com/

「富士通と徹底した原因究明をし、

その上で再発防止策を協議している。

市場運営の責任の所在は私どもにあり、

(富士通への)損害賠償は現時点で

考えていない」

引用元:https://xtech.nikkei.com/

2020年10月1日時点では宮原幸一郎氏

が富士通に責任を求めない方針でした。

障害はarrowheadのストレージ

(外部記憶装置)のメモリが故障し

バックアップへの切り替えも動かなかった

ことらしいです。動かなかった原因は

以下になります

終日売買停止の原因になった

システム障害の詳細を発表した。

富士通が作成した製品マニュアルに

不備があり、バックアップ機への

自動切り替えが5年間オフになって

いたことが分かったという。

10月中に証券会社らと協議会を

立ち上げ、再発防止に努める。

引用元:https://www.itmedia.co.jp/

富士通の製品マニュアルに不備があった

ことで5年間もバックアップの切り替え

がオフになっていたようです。

出典元:https://twitter.com/

自動切り替えできない設定値になっていた

理由は富士通の製品マニュアル不備です。

これは富士通も何らかの処分なり、責任を

取る必要があると思われます。

「障害の原因となった機器の納入、

システム開発を担当する企業の

トップとして、心よりおわび申し上げる」

引用元:https://www.itmedia.co.jp/

10月5日の富士通がオンライン上で行った

事業説明会で時田隆仁社長は謝罪してい

ます。

しかし、マニュアル不備となると会社の

責任は出てくるでしょう。

顧客である東京証券取引所の宮原幸一郎氏

が社長辞任しているので、富士通の動きも

注目です。

JPXの清田瞭最高経営責任者は、

「もちろん富士通にも責任はある

と感じている」

とした一方、システムの仕様変更など

東証がチェックしておくべきとの

指摘には「反論余地ない」とした。

富士通に損害賠償など金銭的賠償を

求める考えはないとし、

「再発防止のため堅牢なレジリエントな

(障害回復力のある)システム設計と

開発に全力を上げることで責任を

果たしてほしい」とした。

引用元:http://www.asahi.com/

どうやら富士通に対して直接的な損害賠償は

求めない方針です。

富士通側は内部で処分を検討すると見込まれ

ます。

信用の問題ですから。

ANA全日空のような人気企業がコロナ禍

の影響で冬のボーナスゼロで基本給も削ら

れているそうです。客室乗務員がアルバイト

生活を強いられていることを記事でご紹介

ています。是非読んでください。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

この記事では、東京証券取引所の

宮原幸一郎氏がシステム障害の責任を

取る形で辞任したことや、富士通にも

何らかの責任を取る動きが出ることが

考えられます。

この記事では、宮原幸一郎氏(東京証券

取引所)の社長辞任や金融庁は?、

宮原幸一郎氏(東京証券取引所)の富士通へ

の損害賠償は?をご紹介いたしました。

次回の記事も要チェック!

スポンサーリンク