英ヒースロー空港着陸失敗事件の機長や副機長の顔画像や家族とは?

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。

chobizo!トレンド!BLOG!へご訪問
いただき、ありがとうございます。
管理人chobizoです。ちょっと気になる
情報を取り上げます。

 

【世界衝撃映像100連発】では

ブリティッシュ・エアウェイズ

38便事故」が取り上げえられるそうです。

ロンドンのヒースロー空港で

着陸失敗?!

 

今回は以下の内容をご紹介いたします。

 

  • 英ヒースロー空港着陸失敗事件(ロンドン:2008年)の機長や副機長の顔画像は?【世界衝撃映像100連発】
  • 英ヒースロー空港着陸失敗事件(ロンドン:2008年)の機長や副機長の家族とは?

 

詳細情報をお届けいたします。

 

スポンサーリンク

1. 英ヒースロー空港着陸失敗事件(ロンドン:2008年)の機長や副機長の顔画像は?【世界衝撃映像100連発】

出典元:https://ja.wikipedia.org/

【世界衝撃映像100連発】では

イギリス・ロンドンのヒースロー空港

で発生した2008年1月17日の事故

取り上げられるみたいですね。

 

ブリティッシュ・エアウェイズ

38便事故と呼ばれ、奇跡的に

死者は0だったそうです。

 

↑音声で「アクシデント!」と
危機感が!

 

機長や副操縦士は以下の方々と情報

が残されています。

 

  • 機長はピーター・バーキルさん
  • 上級副操縦士がジョン・カワードさん
  • 副操縦士がコナー・マジェニスさん
  • 客室乗務員責任者がシャロン・イートンマーサーさん

 

出典元:https://www.afpbb.com/

左:上級副操縦士のジョン・カワードさん

中央:機長のピーター・バーキルさん

右:客室乗務員責任者のシャロン・イートンマーサーさん

 

ピーター・バーキル機長(43)

は記者会見で、

ジョン・カワード上級副操縦士

が木曜午後に同機を着陸させた

と語った。

 

墜落事故に関する最初の

報告書では、

飛行機が着陸する際に

エンジンが推力増加の要求に

「反応しなかった」ことが

示されている。

 

この事故では、乗客 136 名と

乗員 16 名全員が生存しました。

 

バーキル氏は、カワード氏および

客室サービス部長の

シャロン・イートン・マーサー氏

とともに、

墜落事故に関する最初の短い声明

を発表する前に、

大きな拍手で迎えられた。

 

航空会社の本社でのスピーチ

の中で、同氏は乗務員全員が

「最高水準の技術と

プロフェッショナリズム」

を示していると称賛した。

 

捜査当局がどのようにして

飛行機が滑走路の手前に

不時着せざるを得なかったのか

について調査を継続できるよう、

2台の大型クレーンが航空機の

周囲の位置に移動された。

 

バーキル氏は、

事故の原因については

コメントできなかったが、

飛行機が滑走路手前で

不時着した際の乗客と

救助隊員の反応を称賛した。

 

同氏は

「ブリティッシュ・エアウェイズ

の運航乗務員と客室乗務員として、

私たちは緊急事態に対処する

ために定期的に訓練を受けて

いる」と述べた。

 

「私たちには従うべき手順があり、

誰もが自分の立場を知っています。」

 

「飛行はチームワークが重要であり、

私たちは優れたチームを抱えて

いました。」

 

同氏は、カワード氏が航空機の

着陸において

「最も注目に値する仕事」

をしたと述べた。

 

コナー・マゲニス副操縦士も

作戦を「継続的に支援した」

として称賛された。

 

バーキル氏とカワード氏は

事件後の木曜夜にカレーを

共有したと言われている。

 

バーキル氏によると、

イートン・マーサーさんは

飛行甲板上の人々が無傷

であると確信して初めて

航空機を離れたという。

 

バーキル氏は

「極めて不慣れな状況下での

冷静さと良識に乗客にも

感謝したい」と述べた。

 

同氏はまた、消防、救急車、

警察の事故への迅速な対応に

感謝した。

 

航空事故の首席監察官

デビッド・キング氏は、

墜落原因の解明には時間がかかる

可能性があるが、

調査の結果安全上の懸念が

明らかになった場合には直ちに

行動すると警告した。

引用元:http://news.bbc.co.uk/

 

事故原因の簡単に特定は出来なかった

そうです。

 

調査の結果、

おそらく燃料供給システム内の

氷が原因で、両方のエンジンへ

の燃料が制限されていたことが

判明しました。

引用元:https://en.wikipedia.org/

中間報告では上記のように

燃料中の水分が凍結したと情報

が出たそうです。

 

しかし、

中間報告の内容が事故原因である

ことは否定されたそうです。

紆余曲折があったと考えられます。

 

出典元:https://www.gov.uk/

2010年2月9日に

最終的な報告書では上記のように

結論付けたそうです。

 

やっぱり

の影響で燃料システムに影響が

与えられてエンジン燃料が制限

されたと考えらるそうです…。

 

【熱狂マニアさん】では
サービスエリアのマニアが話題に!

スポンサーリンク

2. 英ヒースロー空港着陸失敗事件(ロンドン:2008年)の機長や副機長の家族とは?

出典元:https://www.theguardian.com/

上級副操縦士の

ジョン・カワードさんは死者

を出さずに着陸したことで、

英雄的にメディアで称賛された

そうです。

 

自分の娘が

「パパはヒーローだわ」と

抱きついてきたことを明かし、

 

「でもわたしは自分自身を

ヒーローだとは全く思っていない」

と話した。

引用元:https://www.afpbb.com/

ジョン・カワードさんにはさん

がいるそうですね。

 

しかし、

ジョン・カワードさんの気持ちは

複雑であったようです。

 

「着陸したとき、

『これは壊滅的な墜落になる

だろう、これはもう終わりだ』

と思った。」

 

「突然、どのエンジンからも

何もなくなり、飛行機は滑空を

始めました。

最初はフェンスを越えられるとは

思いませんでした。

 

着陸するとき、大きなドスン

という音を覚悟していました。

 

しかし、ドスンという音ではなく、

「飛行機が草の上を跳ねるたびに、

ドスンという音が何度も響きま

した。

最終的には震えて止まりました。

飛行機を止めようとしている間、

飛行機をまっすぐに保つのに

苦労しました。」

引用元:https://www.theguardian.com/

 

出典元:https://www.mirror.co.uk/

機長のピーター・バーキルさんは

さんと3人のさんがいるそう

です。

 

奥さんはマリアさんといお名前

であるそうです。

 

事故後の

ピーター・バーキルさんはデマが

広まってしまい鬱状態になったそう

です。

 

事故から数カ月の間に、

BA職員の間で噂話やデマが広まり、

ピーターは緊急事態に効果的に

介入せず、

メーデーコールも発令せず、

飛行機からの正しい避難も

怠ったのではないかと

多くの人が信じるようになった。

引用元:https://www.mirror.co.uk/

 

事故の内部報告書の作成などで

会社のゴタゴタに巻き込まれ、

ピーター・バーキルさんは

会社を辞めてしまったそう

です。

 

別の航空会社で新しいキャリア

を築こうとしたそうですが、

面接さえしてもらえなかった

そうです。

 

その理由が

同じ職業の人がパイロットの

仕事を奪われると感じたから

だそうです。

 

有名になり過ぎた

ピーター・バーキルさんは

パイロットの仕事をしているの

でしょうか?

 

会社組織では

出る杭は打たれるという悲しい

現実があると思います。

 

美味しい料理や食べ物で
話題になった人物を
記事でご紹介していますよ!

情報を要チェック!

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

【世界衝撃映像100連発】では

「ブリティッシュ・エアウェイズ

38便事故」が取り上げえられる

そうです。

 

この記事では以下の内容をご紹介いたしました。

 

  • 英ヒースロー空港着陸失敗事件(ロンドン:2008年)の機長や副機長の顔画像は?【世界衝撃映像100連発】
  • 英ヒースロー空港着陸失敗事件(ロンドン:2008年)の機長や副機長の家族とは?

 

次回の記事も要チェック!



こちらもイチオシ!おすすめ!
事故・事件芸能・文化
シェアする
chobizo!トレンド!BLOG!

コメント

タイトルとURLをコピーしました