池永隆夫のウォシュレット開発と試験は自分と妻も協力とは?【アンビリバボー】

スポンサーリンク

chobizo!トレンド!BLOG!へご訪問
いただき、ありがとうございます。
管理人chobizoです。ちょっと気になる
情報を取り上げます。

 

【奇跡体験!アンビリバボー】で

『TOTO』のウォシュレット開発が取り

上げられます。池永隆夫さんがリーダー

として引っ張ったそうです。

 

今回は以下の内容をご紹介いたします。

 

  • 池永隆夫さんのウォシュレット開発とは?
  • 池永隆夫さんの試験は自分と妻も協力とは?

 

詳細情報をお届けいたします。

 

 

スポンサーリンク

 

1. 池永隆夫さんのウォシュレット開発とは?

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

『TOTO』のウォシュレット開発では

池永隆夫さんが大きく貢献をしたそうです。

 

『TOTO』はウォシュレット開発当時、苦境

であったそうです。

オイルショックの時代で、影響があった

考えられます。

まさに社運を賭けた闘いとなったらしい。

 

1978年11月にウォシュレット開発を決定し

納期は1980年6月と超短期に設定して、

開発の闘いに挑んだそうです。

 

この超短期開発のリーダーが池永隆夫さん

あったそうです。

 

『TOTO』は、アメリカ企業の医療用に開発

した温水洗浄便座(ウォッシュエアシート)を

輸入販売していたそうです。

そこからウォシュレット開発・販売を考えた

そうです。

 

アメリカの医療用トイレである温水洗浄便座

(ウォッシュエアシート)が月に千台ほど

売れたそうです。

この反応からニーズをとらえたのでしょう。

 

また、販売を促進させるCMも非常に考えた

らしいです。

 

 

CMで大きなインパクトを残したらしい…。

おしりだって、洗ってほしいというCM

ですよね。

 

「人、物、金、時間の全てが足りなかったが、

開発に専念できる環境は与えられた。

苦情を何とかしなければという使命感と

”不足”がエネルギー源だった」

と池永は振り返る。

引用元:https://ameblo.jp/

 

和式トイレから洋式トイレへの需要を

促進させることが可能となることも

大きいなポイントであると考えられます。

 

また、洋式トイレにはウォシュレットを

付けるだけということで、

洋式トイレがある家庭にも導入が

しやすいという利点もあったそうです。

 

『拭く』から『洗う』にウォシュレットは

人の習慣を変化させたことが大きいでしょう。

 

また、トイレは人類が存在する場所に必要

であり、需要があるでしょう。

つまり、トイレの市場は非常に大きいという

ことが考えられます。

 

日本から欧米、そしてアジアに広がり、

日本が生んだウォシュレットは外国に

広がっていることが理解できると

思われます。

 

 

スポンサーリンク

 

2. 池永隆夫さんの試験は自分と妻も協力とは?

出典元:https://astamuse.com/

 

池永隆夫さんに関する顔画像などの公開は

されていないようです。

しかし、特許を取得したことから名前が

残っているようです。

 

ウォシュレット開発に関しては、試験が

当然必要であると考えられます。

その試験を率先して実験台になったのは

池永隆夫さんであるらしいです。

 

お湯を出す、トイレに似せた実験室をつくった。

池永はパンツを脱ぎ、お湯を浴びた。

温度を0.1度ずつ上げた。

そのとき「熱い、熱い!」

引用元:http://www7a.biglobe.ne.jp/

 

ある意味笑えるのですが、必死の実験で

あったでしょう。

しかし、男性がトイレ実験に続々と参加

したらしい…。

 

問題は女性であると考えられます。

どうしても女性のデータも必要になると

考えられます。

 

池永隆夫さんは自宅に試作機を持って帰り

嫁さんに頭を下げて『頼む』とお願いを

したらしい…。

ウォシュレット開発に全てを賭けている

話したらしいです。

妻の広子さんは気迫に押されて、協力を

したそうです。

 

社運をかけた奮闘する人たちを見て、

試験に協力する男女は増えていったそうです。

女性社員が120人も参加したそうです。

男女合計で300人が試験に参加することに

なったそうです。

 

膨大なデータと共に、微修正を繰り返し

的を適温で洗い流す機能を開発するまでに

至ったそうです。

 

 

【奇跡体験!アンビリバボー】で

瀬戸大橋建設のプロジェクト

に全てをかけた杉田秀夫さん!

東京大学卒のエリートがそれを

捨てたらしい…。

地元香川では偉大な人物として

銅像が残る!

 

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

池永隆夫さんのウォシュレット開発では

リーダーとして全てを賭けて挑んだ

そうです。

現代社会に当然あるウォシュレットは

超短期納期でスタートしたらしい…。

率先して池永隆夫さんが試験体になった

みたいですね。

 

この記事では以下の内容をご紹介いたしました。

 

  • 池永隆夫さんのウォシュレット開発とは?
  • 池永隆夫さんの試験は自分と妻も協力とは?

 

次回の記事も要チェック!

 

生活社会芸能・文化
シェアする
chobizoshigeをフォローする



chobizo!トレンド!BLOG!

コメント