藤田菜七子の彼氏の顔画像と誰?結婚寸前で引退か真相を調査?!

スポンサーリンク

chobizo!トレンド!BLOG!へご訪問
いただき、ありがとうございます。
管理人chobizoです。ちょっと気になる
情報を取り上げます。

 

文春砲では女性騎手の藤田菜七子さんの

熱愛報道がされているようです。

滋賀県の栗東トレーニング・センターで

熱愛彼氏が発覚?

 

今回は以下の内容をご紹介いたします。

 

  • 藤田菜七子さんの熱愛報道で武者修行中にお泊まりデートとは?【文春砲】
  • 藤田菜七子さんの彼氏の顔画像と誰?20代後半の厩舎スタッフとは?
  • 藤田菜七子さんの結婚寸前で引退か真相を調査?!

 

詳細情報をお届けいたします。

 

スポンサーリンク

1. 藤田菜七子さんの熱愛報道で武者修行中にお泊まりデートとは?【文春砲】

出典元:https://bunshun.jp/

 JRAの女性騎手・藤田菜七子(24)が

20代後半の競馬関係者と交際している

ことが、「週刊文春」の取材でわかった。

 

藤田がJRA史上7人目の女性騎手と

なったのは2016年、18歳の時の

ことだ。

16年ぶりとなる女性騎手の誕生と、

その可憐なルックスも相まって、

たちまち“菜七子フィーバー”が

巻き起こった。

3月に迎えたデビュー戦には63社、

137人もの報道陣が詰めかけた。

 

競馬担当記者が語る。

「これまで女性騎手が成し得なかった

GⅠ騎乗、重賞制覇など、次々と

女性騎手のレコードを塗り替えて

いったのです。

19年には獲得賞金額は6億円を超え、

年収も6千万円を突破。

そして、20年にはJRA通算100勝

を達成しました」

 

だが、二度にわたる骨折の影響もあり、

19年の43勝をピークに、

ここ2年の年間勝利数は右肩下がり。

 

「スランプに陥った藤田が考えたのが、

拠点である茨城県の

美浦トレーニング・センターを離れ、

“武者修行”に出ることでした。

今年3月、単身で滋賀県の

栗東トレーニング・センターに

乗り込みます。

当初は2カ月間の予定でしたが、

1カ月半延長。計3カ月半の修行

となりました」(同前)

 

栗東ではどんな様子だったのか。

 

「栗東に来てすぐ、彼女は周囲に

『彼氏はいないんですよ~』

などと言っていたんです。

彼女は愛嬌があって、

みんなに可愛がられるタイプ。

関西競馬界に顔を売るのも大事な

仕事のうちなので、営業トーク

だったのでしょう」

(競馬関係者)

 

そして栗東滞在が間もなく終わろうか

という6月27日のこと。

 

朝の琵琶湖畔を悠々と走り抜け、

駅前の通りに軽快なエンジン音を

響かせる大型SUV。

運転席の男性が微笑むと、

隣に座る女性もまた笑顔で応じる。

気怠そうに列をなす通勤の車を横目に、

二人が乗ったSUVは、

とあるマンションの駐車場へと

吸い込まれていった。

この女性が、藤田だったのである。

 

助手席から降りた藤田が

マンションのエントランスをくぐると、

男性は車を停め直して後を追う。

そして、藤田が入った部屋のドアを開け、

中へと消えた。

前夜から一緒に過ごし、

二人して朝に帰ってきたのだ。

 

ここは藤田が、栗東滞在用に

借りていたマンスリーマンション。

二人が部屋に入り、

2時間後の午前11時。

先にマンションを後にしたのは男性

の方だ。

彼が部屋に置いていた私物だろうか。

箱と紙袋を持って運転席に乗り込み、

走り去っていった。

 

15分後、マンスリーマンションの

関係者に部屋のチェックを受けると、

藤田もまたわずかばかりの手荷物を

持って、駐車場に停めていた

愛車を発進させた。

彼女が向かったのは近所にある

コンビニの駐車場だ。

そこには、先に出た男性のSUVがあった。

藤田は愛車をSUVの隣に付けると、

破顔して助手席へと滑り込む。

向かい合った二人のシルエットは、

やがて一つに重なった。

 

そして別れを惜しむように、

男性に手を振りながら愛車に乗り込むと、

藤田は茨城の美浦に向けて走り出した。

一体、この男性は何者なのか。

彼を知る関係者が言う。

 

「栗東トレセンの厩舎スタッフです。

20代後半で、とても明るくて元気な人。

活動的で外で遊ぶのが好き。

女性にもモテます。

彼と藤田さんは、今回の武者修行中

に知り合ったようです」

 

この日、美浦に戻り、

週末は福島のレースに出場した藤田。

7月3日のレース後、

自宅近くの定食チェーン店での

食事を終えて出てきた彼女を直撃した。

 

――週刊文春です。

「はい、何ですか?」

と、驚いた表情で立ち止まった彼女。

だが男性の名前を出した途端、

「ちょっと……。こういうの初めてで、

どうしたらいいのか、

わからないんですけど……」

と戸惑いを見せる。

 

――お二人が親密な様子を確認しています。

「仲良くは……しています」

 

――彼氏がいないと周囲に言っていたと聞いたが。

「冗談で言っただけで。

すいません、事務所に連絡して

もらってもいいですか」

 

そう言うと、足早に愛車に

乗り込んだ藤田。

事務所は

「プライベートは本人に任せています」

と回答した。

 

しかし実は、栗東にはもう一人、

別の男性の影が――。

引用元:https://bunshun.jp/

 

藤田菜七子さんは滋賀県の

JRA栗東トレーニングセンター」で

彼氏と思われる男性と知り合ったそう

ですね。

 

出典元:https://twitter.com/

独身だから良いじゃないですか?

という声があるようですね。

 

藤田菜七子さんは人気騎手なので、

気になる人がいると思われますが…。

 

スポンサーリンク

2. 藤田菜七子さんの彼氏の顔画像と誰?20代後半の厩舎スタッフとは?

出典元:https://bunshun.jp/

出典元:https://bunshun.jp/

藤田菜七子さんの車内の笑顔がとても

かわいいと思います。

藤田菜七子さんの彼氏と思われる男性

と一緒に車に乗ったのでしょう。

 

「JRA栗東トレーニングセンター」で

勤務する20代後半の厩舎スタッフ

藤田菜七子さんの彼氏であるそうです。

 

ネット上の噂では、

藤田菜七子さんの競馬学校時代に

知り合ったスタッフで6年交際

をしていると情報があるようです。

真実か否か?

 

「彼女は競馬学校時代に知り合ったAと

6年ほど交際していますが、

Aは栗東トレセンに勤務する

厩舎スタッフなのです。

数カ月に1回、互いに茨城と滋賀を

行き来する“遠距離恋愛”で、

密かに愛を育んでいました」

 

これまで様々なメディアで、

幾度となく恋愛について質問されてきたが、

答えは決まって

「今は競馬のことしか考えていない」。

 

だが好きな男性のタイプを問われると、

A氏のことが頭に浮かんでいたの

だろうか、いつも

「優しくて怒らない人」

と答えていた。

引用元:https://bunshun.jp/

 

6年間の交際が続いている情報がある

ようですね。

 

スポンサーリンク

3. 藤田菜七子さんの結婚寸前で引退か真相を調査?!

出典元:https://biz-journal.jp/

藤田菜七子騎手が活動の拠点を栗東

に移すことが話題になっています。

引用元:https://biz-journal.jp/

 

藤田騎手によると、関西の人脈作りが

主な目的のようですね。

引用元:https://biz-journal.jp/

 

藤田菜七子さんは2022年で25歳に

なるそうです。

競馬では怪我やスランプで伸び悩んだ

ようです。

拠点を滋賀県の栗東に移す理由は

彼氏との距離を近づけることも

あるのでは?

真相は不明であるようです。

 

出典元:https://twitter.com/

妥当かなと思える声もある….。

 

滋賀県の栗東には彼氏であろう6年間も

交際している男性がいると考えられます。

タイミングがあると思いますが、

結婚を前提とした交際である可能生も

あるでしょう。

 

ただし、公式的な見解で結婚や引退の

情報は出ていないようです。

 

噂レベルで引退の足音が近づいていると

いう情報はあるようですが…。

 

 

モデルやタレントで人気のある
滝沢カレンさんの結婚が報道!

結婚相手の建築関係の仕事を
している
男性は誰?

テラハ出演の太田光るさん?

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

文春砲では藤田菜七子さんが6年間も

交際関係が続いている男性がいるそう

です。

「JRA栗東トレーニングセンター」で

勤務する20代後半の厩舎スタッフだ

そうです。

 

この記事では以下の内容をご紹介いたしました。

 

  • 藤田菜七子さんの熱愛報道で武者修行中にお泊まりデートとは?【文春砲】
  • 藤田菜七子さんの彼氏の顔画像と誰?20代後半の厩舎スタッフとは?
  • 藤田菜七子さんの結婚寸前で引退か真相を調査?!

 

次回の記事も要チェック!

事故・事件芸能・文化



こちらもイチオシ!おすすめ!
chobizo!トレンド!BLOG!

コメント

タイトルとURLをコピーしました