石川拓慎(駒大)が創価大を逆転で優勝と選手変更?【箱根駅伝】

スポンサーリンク

chobizo!トレンド!BLOG!へご訪問
いただき、ありがとうございます。
管理人chobizoです。ちょっと気になる
情報を取り上げます。

 

箱根駅伝2021では駒澤大学が逆転で

総合優勝しました。創価大学が9区を

通過した時点で優勝の可能性が高った

のですが…歴史的な逆転優勝です。

 

今回は、石川拓慎選手(駒大)が創価大

を逆転で優勝と選手変更?を

ご紹介いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

1. 石川拓慎選手(駒大)が創価大を逆転で優勝と選手変更?

出典元:https://twitter.com/

 

第97回東京箱根間往復大学駅伝・

復路は3日、神奈川・箱根町から

東京・大手町までの5区間、

109・6キロに21チームが参加して

行われ、駒大が最終10区で大逆転し、

13年ぶり7度目の総合優勝を果たした。

最終10区スタート時点では首位の

創価大と3分19秒差。

駒大の10区はエントリー変更で入った

石川拓慎(3年=拓大紅陵)。

序盤から積極的な走りで猛追すると、

ゴールまで約2キロとなった20.8キロ

付近で、足が動かなくなった

創価大・小野寺勇樹(3年=埼玉栄)を

ついにとらえ、一気に抜き去りゴールに

飛び込んだ。

 

復路は首位・創価大から2分21秒差で

スタート。

山下りの6区で花崎悠紀(3年=富山商)が

区間賞で1分8秒差とした。

しかし、7、8区で思ったように差を

詰められず、9区で創価大・石津佳晃

(4年=浜松日台)が区間賞の走りで、

3分19秒差をつけられた。

優勝は絶望的と思われたが、

217.1キロの道のり。

最後の2キロで大逆転のドラマが

待っていた。

 

10区での逆転劇は97年に順大が駒大を

逆転して以来、20年ぶり9度目となった。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

 

9区では創価大の石津佳晃選手が区間賞

取りました。

駒大の9区は山野力選手で10000mは

28分36秒18の記録で、ハーフマラソンは

1時間03分14秒の記録を残す強い選手

です。

記録では、創価大の石津佳晃選手の

10000mは29分34秒46で、ハーフ

マラソンは1時間04分46秒です。

 

9区では駒大の山野力選手が有利で

差を詰められる・追い抜くことを想定

していたと考えられます。

 

しかし、箱根駅伝は何があるか分からない

です。創価大の石津佳晃選手が2分近く差を

つけて区間賞です。

この辺りで、若干駒大はもう駄目かという

雰囲気になったらしいです。

 

10区のアンカーで駒大は神戸駿介選手を

エントリーしていましたが前日に変更

しています。

 

石川拓慎選手はどこで起用するか考えた

と思われる

出典元:https://twitter.com/

 

神戸駿介選手もハーフマラソンで、

1時間2分台で強い選手ですがより強い

石川拓慎選手を起用しています。

石川拓慎選手の10000mは28分45秒94

で、ハーフマラソンは1時間03分07秒

記録を残しています。

ハーフマラソンでは神戸駿介選手の

記録が上ですが実力は石川拓慎選手を

評価して起用したのでしょう。

 

10区では創価大学が2位の駒大に3分19秒

差をつけていました。距離にすると1km

以上と考えられます。

 

初優勝に向かう創価大の小野寺は、

きつそうな表情を見せながら

13・3キロ地点の新八ツ山橋を通過。

駒大・石川は1分57秒差。

鶴見中継所での3分19秒差から大きく

詰めている。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

 

田町の16・5キロ地点では、

創価大と駒大の差は1分17秒差に

まで縮まっている。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

 

御成門の18・1キロ地点では

その差がさらに47秒差に詰まった。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

 

駒大・石川は残り2キロ付近で一気に

創価大・小野寺を逆転。

そのまま先頭でゴールした。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

 

この駒大・石川拓慎選手の追い込み方は

凄まじさを感じます。創価大の小野寺勇樹

選手の姿は最初は見えなかったと思います。

段々と姿が見え始めたので追い込んで

残り2kmで逆転しています。

 

 

監督車に乗っていた大八木弘明監督も

「やったね! お前は男だ!」

とねぎらった。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

 

駒大の大八木弘明監督の石川拓慎選手へ

の言葉が印象的です。

お前は男だ!』は最高の賛辞でしょう。

 

 

箱根駅伝2021では駒大の総合力の強さ

感じました。

1区で15位と出遅れ2区でエースの

田澤廉選手が日本選手権から調整時間

が足りず不発になりました。

往路では予想外に悪い成績でした。

それを復路で逆転したことは凄いと思い

ます。

 

 

駒大エースの田澤廉選手を記事でご紹介

しています。日本人大学生ナンバー1と

評価されるのは、日本選手権の10000m

27分46秒09をたたき出したからです。

東京オリンピック代表の大迫選手の

歴代日本人大学生の最高記録の

27分38秒31を更新するポテンシャルが

あります。是非読んでくださいね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

駒大が10区の残り2kmで逆転し箱根駅伝

を総合優勝しています。

 

この記事では、石川拓慎選手(駒大)が

創価大を逆転で優勝と選手変更?を

ご紹介いたしました。

 

次回の記事も要チェック!

 

スポーツ
シェアする
chobizoshigeをフォローする



chobizo!トレンド!BLOG!

コメント