荒竹一真(ボクシング)が駒澤大学進学と高校5冠で井上尚弥と比較?

chobizo!トレンド!BLOG!へご訪問
いただき、ありがとうございます。
管理人chobizoです。ちょっと気になる
情報を取り上げます。

高校無敗で、駒澤大学に進学したアマ・

ボクシングの期待のホープ荒竹一真

選手を取り上げます。

高校5冠で負け知らず新型コロナによって、

高校8冠という目標を達成出来なかった

不運があった…。

今回は以下の内容をご紹介いたします。

  • 荒竹一真選手(ボクシング)が駒澤大学進学でライトフライ級で初の日本代表とは?
  • 荒竹一真選手(ボクシング)が高校5冠で井上尚弥選手と比較?

詳細情報をお届けいたします。

スポンサーリンク

1. 荒竹一真選手(ボクシング)が駒澤大学進学でライトフライ級で初の日本代表とは?

出典元:https://twitter.com/

鹿児島県の鹿屋工業での高校時代に無敗で

5冠を達成している荒竹一真選手は駒澤大学

に進学して、寮生活をしているようです。

出典元:https://twitter.com/

高校時代まで父親の荒竹俊也さんが会長を

務めるボクシングジムで、汗を流していた

ようです。

勿論、鹿屋工業でも練習をしていたであろう。

高校時代の階級はピン級46kg以下の

ウェートをつくる必要があるアマのジュニア

の部で最もで軽い階級です。

高校1年生時にはインターハイ、国体、

選抜の3冠達成に成功をしている情報が

あります。

高校2年生時には、インターハイ、国体

合計5冠まで達成したことが報道されて

います。

しかし、2020年からの新型コロナの影響

で、高校2年生の選抜大会が行われず

高校3年生では、インターハイ、国体と中止

になった…。

高校8冠を目指した荒竹一真選手は

高校5冠となったことが報道されています。

高校2年生の選抜大会中止で、一時期

モチベーションが落ちたそうです。

出典元:https://www.youtube.com/

しかし、東京オリンピック代表の岡澤セオン

選手に励まされたようです。

そこから、荒竹一真選手は、走り込みなど

身体づくり中心の練習メニューをしたと話

しています。

走り込みの練習風景を見ていると荒竹一真

選手の身体が分厚い印象があります。

駒澤大学に進学してライトフライ級で試合

をすることが報道されています。

シニアの部で最も軽い階級(46kg~49kg)で、

減量が高校時代より少しは楽になるかと思います。

2021年4月10日からのポーランドで行われる

世界ユース選手権に日本代表として試合を行う

ことが報道されています。

荒竹一真選手は、初めての日本代表と報道され

ています。

目標はアマチュア・ボクシングではパリ五輪

で金メダルと考えられます。

国際大会での実績をドンドン残してほしい期待

がある荒竹一真選手です。

スポンサーリンク

2. 荒竹一真選手(ボクシング)が高校5冠で井上尚弥選手と比較?

向かって左:荒竹一真選手

向かって右:井上尚弥選手

出典元:https://www.instagram.com/

若干、井上尚弥選手より身体が小さく感じる

荒竹一真選手です。

しかし、減量前の井上尚弥選手は体重が62kg

ほどあるらしいことから、小さく見えて当然

かと思います。

井上尚弥選手には減量苦が噂されてますが…。

荒竹一真選手の身長が気になります…。

成長期と考えられますが、筋肉がついている

ため、165cmまで到達できるか?

身長によっても体のフレームが決まるため

将来的にプロ・ボクシングでどの階級になる

かが注目されるポイントと考えられます。

日本のモンスター・井上尚弥選手の高校時代

7冠です。

しかし、高校2年時のインターハイで挫折

をしています。

また、その反省を活かして現在があると言える

かと思います。

井上尚弥選手の高校時代は6度の敗北を経験

しています。(※国際大会を含めて)

しかし、国際大会に出るだけで大変なのに

結果も残しています。

  • アジアユース選手権で銅メダル
  • 世界ユース選手権でベスト16
  • インドネシア大統領杯で国際大会金メダル

高校生の時点では、恐ろしい結果と思います。

荒竹一真選手は2021年4月の世界ユース大会が

初めての日本代表です。キャリアという面

では、井上尚弥選手の高校時代が濃密と思い

ます。

しかし、荒竹一真選手には高校時代に敗北を

知らないポテンシャルがあると思います。

運動量が多く、スピードもあり、足が止まら

ないので対戦相手が追い付かないような

印象です。

そして、サウスポーであることが絶対的に

有利にする材料です。スイッチも出来る

みたいで凄いわと感じます。

ポーランドのユース国際大会でキャリアを

積んでほしいと思います。

PFPの上位でRing誌では2位に

評価される井上尚弥選手は

バンタム級の限界が近いと噂が…。

記事で取り上げています。

前戦では減量苦で足が痙攣した

らしい…。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

将来性のある荒竹一真選手は、高校5冠で

駒澤大学に進学しています。

パリ五輪を狙っているのでしょう。

この記事では以下の内容をご紹介いたしました。

  • 荒竹一真選手(ボクシング)が駒澤大学進学でライトフライ級で初の日本代表とは?
  • 荒竹一真選手(ボクシング)が高校5冠で井上尚弥と比較?

次回の記事も要チェック!

スポンサーリンク