バルサビアの心臓がカントレル症候群で静岡県立こども病院で手術とは?

スポンサーリンク

chobizo!トレンド!BLOG!へご訪問
いただき、ありがとうございます。
管理人chobizoです。ちょっと気になる
情報を取り上げます。

 

【ザ世界仰天ニュース】で

ロシアで生まれた少女が取り上げられる

ようです。

バルサビアちゃんが心臓の病気の

カントレル症候群』であるらしい…。

一部情報では日本の病院を頼ることを

考えていると情報が…。

 

今回は以下の内容をご紹介いたします。

 

  • バルサビアちゃんの心臓がカントレル症候群とは?【ザ世界仰天ニュース】
  • バルサビアちゃんの心臓を静岡県立こども病院で手術とは?

 

詳細情報をお届けいたします。

 

 

スポンサーリンク

 

1. バルサビアちゃんの心臓がカントレル症候群とは?【ザ世界仰天ニュース】

8歳当時のバルサビアちゃん

出典元:https://www.ntv.co.jp/

 

2008年にロシアで生まれたと情報が

あるバルサビアちゃんは、2021年で

13歳になっていると考えられます。

8歳当時は温かいアメリカのフロリダ

で暮らしていたらしい…。

 

バルサビアちゃんはロシアで生まれた

と情報があります。

恐らくロシア人であろうと思います。

 

バルサビアちゃんの病気は先天性の

カントレル症候群であるそうです。

心臓には複数の穴と、骨の奇形によって

心臓が肋骨から飛び出そうになって

いると診断されたらしい…。

その診断は、バルサビアちゃんの母親の

ダリさんが妊娠中であったそうです。

 

生まれてもバルサビアちゃんはすぐに

亡くなることを医師に告げられたそうです。

 

ダリさんは娘のバルサビアちゃんを助ける

ために、ロシア中の病院を回ったらしい…。

しかし、夫婦間で問題が発生したので

しょう。

バルサビアちゃんの父親は見捨てて、

家から去ったらしい…。

 

ダリさんは絶望を感じたそうですが、

バルサビアちゃんの生命力の強さが救い

であったそうです。

バルサビアちゃんは生きて続けていた

ようです。

 

ダリさんはロシア以外の国の病院に視野を

拡げたそうです。

海外の病院にカルテを送って治療をして

ほしいとお願いしていたそうです。

 

そしてアメリカのボストンにある病院から

返事が来たらしい…。

検査をして、その結果によって手術を

するかどうかは判断するというモノで

あったそうです。

 

手術は大手術であり心臓を止めて行う

予定であったそうです。

更に、心臓を肋骨の中に収めて人工的な

骨で胸骨を作ることが予定されていたそう

です。

 

しかし、バルサビアちゃんの手術は行われ

なかったらしい…。

血圧が低いことと、まだ子供であり成長の

過程にあることが理由とされたらしい…。

 

医師からは温かい気候の土地で暮らすことを

勧められてフロリダに移り住んだらしいです。

バルサビアちゃんは生き続けているそうです。

 

そんな中2015年に

日本の静岡県立こども病院では

重症の『カントレル症候群』の手術に成功

したという情報が入ったらしいです。

世界初であるらしい…。

 

 

スポンサーリンク

 

2. バルサビアちゃんの心臓を静岡県立こども病院で手術とは?

出典元:https://www.ntv.co.jp/

 

バルサビアちゃんの日常生活は制限されて

いるそうです。

糖質が多い食べ物は食べてることを回避

しているそうです。

お菓子やソーダなど子供が好きなモノを

食べさせていないらしい…。

勿論、日々の体調チェックは不可欠である

ようです。

 

しかし、バルサビアちゃんは学校に通う

ことが出来ていたらしいです。

ただし制限はあったようです。

心臓に負担がかかることは全て禁止事項

になっているらしい…。

運動系は全てしてはいけないそうです。

 

しかし、バルサビアちゃんはおしゃべりを

友人と楽しんいるらしい…。

おてんば娘に成長していったそうです。

 

洋服はいつも心臓を守るためプロテクター

付きワンピースであったようです。

 

しかし、ダンススクールに通ってい始めた

らしい…。

リスクはあるものの、制限をし続けるの

にも限界があると思われます。

 

日本の静岡県立こども病院では

14歳の少女の『カントレル症候群』に

成功したらしい…。

世界初であると情報があります。

14歳の少女はマレーシア在住の

リー・ウェン・ウィーさんである

らしい…。

 

しかし、坂本喜三郎医師は以下のような

発言をしているようです。

 

かなり治療は難しい

治療できる確率は高くなってきている

 

年齢的には、2021年のバルサビアちゃん

は13歳で比較的近い年齢の少女が手術に

成功したらしい…。

 

母親のダリさんとバルサビアちゃんは

日本の静岡県立こども病院での治療を考え

ているという情報まで出ているようです。

 

【ザ世界仰天ニュース】で

バルサビアちゃんが取り上げられること

から、何か動きがあった可能性が考え

られます。

 

静岡県立こども病院では患者の守秘義務

などがあるために、バルサビアちゃんに

関する情報は一切公開していないようです。

 

続報にて追記いたします。

追記:2021年9月7日最新情報

2021年9月7日時点では

【ザ世界仰天ニュース】で

バルサビアちゃんはまだ手術をしていない

ことが明かされています。

成長をして水泳などしているようでした。

静岡県立こども病院に対して

【ザ世界仰天ニュース】ではノータッチ

でした…。

 

 

【東京パラリンピック】で

車いすバスケットボールの

鳥海連志選手が、『スラムダンク』の

流川楓のようだと評判!

3歳の頃に身体的な自由を求めて、

両脚を切断?!

 

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

バルサビアちゃんは先天性の心臓の

病気であるようです。

『カントレル症候群』という難しい

病気であるそうです。

日本での治療を考えているようです。

 

この記事では以下の内容をご紹介いたしました。

 

  • バルサビアちゃんの心臓がカントレル症候群とは?【ザ世界仰天ニュース】
  • バルサビアちゃんの心臓を静岡県立こども病院で手術とは?

 

次回の記事も要チェック!

 

医療社会芸能・文化
シェアする
chobizoshigeをフォローする



chobizo!トレンド!BLOG!

コメント