宮竹貴久(岡山大学)の偏差値39から教授で学歴や職歴は?ほんまでっかでは?【初耳学】

スポンサーリンク

chobizo!トレンド!BLOG!へご訪問
いただき、ありがとうございます。
管理人chobizoです。ちょっと気になる
情報を取り上げます。

 

【日曜日の初耳学】に

岡山大学大学院環境生命科学研究科教授

である宮竹貴久教授が出演。

昆虫を題材とした進化生物学を

研究する世界的権威であるそうですが…。

 

今回は以下の内容をご紹介いたします。

 

  • 宮竹貴久教授(岡山大学)偏差値39から教授で学歴とは?
  • 宮竹貴久教授(岡山大学)偏差値39から教授で職歴とは?
  • 宮竹貴久教授(岡山大学)のほんまでっかでは?

 

詳細情報をお届けいたします。

 

 

スポンサーリンク

 

1. 宮竹貴久教授(岡山大学)偏差値39から教授で学歴とは?

出典元:https://twitter.com/

 

2021年8月8日時点では、宮竹貴久教授は

岡山大学大学院環境生命科学研究科教授

情報があります。

国立の岡山大学の教授なので、華麗なる

学歴あったのであろうと思いましたが

偏差値39しかなかった時代があるそうです。

 

出典元:https://www.mbs.jp/

若気の至りもあったのかも?

しかし、昆虫に関する世界的な権威を持つ

昆虫学者であるそうです。

 

宮竹貴久教授は大阪出身であるそうです。

卒業高校は高槻高等学校と情報があります。

中高一貫の学校であるらしい…。

中学受験をした可能性が高いようですね。

偏差値は68の高校であり、進学校であった

と考えられます。

名門高校であると考えられます。

 

高槻高等学校の卒業生が進学する大学は

有名私立大学や、国立大学などが情報に

あります。

京都大学へ進学する人もいるらしい…。

 

宮竹貴久教授の進学した大学は

琉球大学農学部農学科と情報があります。

琉球大学農学部の偏差値45情報があります。

1984年に琉球大学農学部を卒業したらしい

です。

 

高校時代には何か曲がってしまった可能性

が考えられます。

この時代に偏差値39を出してしまった

可能性が考えられます。

 

中学・高校時代には思春期であり、

勉強が嫌になっても不思議ではないでしょう。

 

しかし、高槻高等学校に入学した能力を

持っていることから、地頭が良かったのでは

ないでしょうか?

 

1986年には琉球大学大学院農学研究科

昆虫学専攻修士課程を修了となっている情報が

あります。

大学院への進学で現在の昆虫絡むことを

学んだり研究をしたことが考えられます。

 

 

スポンサーリンク

 

2. 宮竹貴久教授(岡山大学)偏差値39から教授で職歴とは?

出典元:https://www.mbs.jp/

 

1987年には沖縄県庁の職員となったと情報が

あります。

その後、沖縄県農業試験場研究員となっている

ことから、農業と昆虫に関する分野をして

いたことを感じるのですが…。

 

例えば、農業に関する害虫の問題など…。

 

ウリミバエ根絶プロジェクトを経験した

らしいと情報があります。

農作物に被害を与える害虫のウリミバエを

根絶したらしい…。

実際に様々な経験をしたと思われます。

 

1996年には、大学院の博士後期課程を修了した

と情報があります。

九州大学理学研究院理学府理学部であり、

九州の国立大学トップである九州大学で博士

学位を取得したそうです。

 

より専門分野で興味のある分野で働きたいと

いう願望があったのでしょう。

昆虫に関わることの可能性が高いでしょう。

 

1997年にはロンドン大学生物学研究室の

客員研究員となったそうです。

まさに修業をしていた時期かと思われます。

留学期間で、英語能力も高めたと思われ

ます。

シリアゲムシの羽に関して論文が残ってい

ます。

シリアゲムシって英語では難しいと

思います。

 

2000年に帰国して岡山大学農学部で助教授

をし始めたそうです。

2001年3月には『日本応用動物昆虫学会奨励賞 』

を受賞したそうです。

2002年3月に『日本生態学会宮地賞』を受賞

して勢いがあると感じます。

日本に帰国してすぐに結果をだしたのは

凄いですよね…Σ(゚Д゚;)

 

2008年には岡山大学大学院環境学研究科の

教授となったそうです。

実績を積んで国立大学の教授になったと

考えられます。

国立大学の教授だ!

 

2010年3月に『日本応用動物昆虫学会賞 』を

受賞!

2016年10月に『日本動物行動学会日高賞』

を受賞!

2019年には岡山大学農学部の副学部長に

なったそうです。

 

昆虫の生物学的観点からコロナに対する

理解を広めるようにしているらしい…。

 

 

スポンサーリンク

 

3. 宮竹貴久教授(岡山大学)のほんまでっかでは?

出典元:https://president.jp/

 

2014年7月頃には明石家さんまさんの

ホンマでっか!? TV』に出演をしたそう

です。

 

宮竹教授は「もしものときのほんまでっか」

のコーナーに出演し、

生物が自分が育った状況に応じて

自分が生き残るための戦術を変えるという

表現型上の可塑性を持つことを解説しました。

 

表現型上の可塑性とは、

もしものときに生物が、

自身が置かれた環境に応じて自分の生き方を

変える能力であり、

身近な例としては、タンポポの発育型や

オタマ ジャクシやミジンコに見られる

防衛戦術などがあげられます。

引用元:https://www.okayama-u.ac.jp/

 

簡単に言うと、『表現型の可塑性』は

生き物が環境に応じて、変化をする能力

であるそうです。

生存するための変化とも思えますが…。

 

種の保存のために、生き物は環境に応じた

変化をしていくものであろうと思います。

 

生き物が変化するのは当たり前という

ことを話しています!

 

 

【日曜日の初耳学】に

天才ニートの大西拓磨さんが出演!

IQ173とも言われている

大西拓磨さんはどうしてニートなん

でしょうか?

孫正義さんの支援って何でしょうか?

芸術は凄い!

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

岡山大学大学院環境生命科学研究科教授の

宮竹貴久教授は世界的権威のある昆虫学者

であるそうです。

経験談は楽しいでしょうね。

 

この記事では以下の内容をご紹介いたしました。

 

  • 宮竹貴久教授(岡山大学)偏差値39から教授で学歴とは?
  • 宮竹貴久教授(岡山大学)偏差値39から教授で職歴とは?
  • 宮竹貴久教授(岡山大学)のほんまでっかでは?

 

次回の記事も要チェック!

 

社会芸能・文化
シェアする
chobizoshigeをフォローする



chobizo!トレンド!BLOG!

コメント