日本社会の『生きづらさ』とは?漫画家竹内絢香単行本発売と考え方!地方創生!

スポンサーリンク

chobizoがネット上で、『日本社会 生きづら

さ』をふとした瞬間検索しました。

 

多くの記事が表示されます。その中の多くは

ネガティブな日本が紹介されています。

昔は良かったと言い切ることはできないと思

います。

 

今は、情報化社会で非常に速い速度でテクノ

ロジーが生まれます

 

この記事では日本社会の『生きづらさ』とは

何かと、画家竹内絢香単行本発売と竹内さん

の考え方、そして地方創生をご紹介いたしま

す。

 

1. 日本社会の『生きづらさ』とは?

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

2019年3月の時点で、40~64歳のひきこもり

人数は全国61.3万人です。15~39歳は54.1万

です。

 

単純に計算すると115.4万人がひきこもりの

状態です。大きな社会問題です。

 

また、2019年で自死の人数の男性は1万4078

人です。女性は6091人です。2万人を超え

人数です。

 

日本は中国に追い抜かれましたが、世界の経

済大国第3位です。物質的にはかなり恵まれ

ているのです。しかし、この息苦しさはなん

なのでしょうか?

 

会社から学校、家族、地域コミュニティとい

現実の社会からネットの世界まで、空気

という『見えない圧力』が存在します。

 

社会、そしてネットの世界では、個性より協

調性を優先する教育と、組織内での圧力が問

題となっています。

誰もが『空気』を必死に読んで、それに従っ

た行動を怯えながらしている現実です。

 

『個性』という言葉を好まない『空気』です

が、『空気』では『個性』を認めるという矛

があると考えられます。

 

出典元:https://www.amazon.co.jp/

この本では『日本の組織・共同体は「個人と

自由」という概念を排除する。』と指摘して

います。

 

2. 漫画家竹内絢香単行本発売と考え方

出典元:出典元:https://twitter.com/

2020年7月2日発売です。

 

竹内絢香さんは、イギリスに住んでいたこと

があり、その経験から『日本で暮らすハード

ルについて考えたこと』を漫画で表現すると、

大きな反響がありました。

 

竹内絢香さんの感じたことは、日本はキレイ、

安全で快適で良い所があります。その一方で

『日常生活のハードル』が非常に高いという

ことを語っています。

 

日本は潔癖、真面目過ぎ、完璧過ぎというこ

とを、管理人chobizoは『過ぎる』と認識し

ています。『過ぎる』とシンドイですよね。

 

生き方の多様化と、その多様化を支える制度

や考え方・見方が追い付いていないため、

個人への負荷が高くなる場面が多いことを指

摘しています。

 

『イギリスの方が優れている』、『日本の方

がすごい』という問題でなくそれぞれの良

さを認識して、日本の当たり前ということか

ら、『生きづらい』生活から逃げる一助とし

て、漫画を描いています。

 

出典元:https://twitter.com/

ツイッターでも我慢をしなくても、頑張らな

くても良い状態にするよう発信しています。

 

3. 地方創生!

日本の抱える問題は多くあります。高齢化社

会、格差社会、環境など簡単に解決できない

問題が多くあります。

 

新型コロナウイルスにより、ウイルスとの共

存も新たな課題と思います。

 

こういった中、地方創生』が論じられてい

ます。東京などの関東の中央集権的なモデル

に限界を認識する人たちが多くなっています。

 

昨今、2050年という近未来を論じている書籍

が登場しています物質的な願望はほどほど

にして、日常の生活を大切にする考え方が多

いです。

 

こういった意味で、兵庫県姫路市の地方創生

が注目されています。↑クリック

JR姫路駅周辺には歩行者と公共交通のみなの

です。個人の自動車はありません。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

この記事では、日本社会の『生きづらさ』

漫画家竹内絢香単行本発売と考え方、そして

地方創生について、ご紹介いたしました。

 

もう問題を先送りする時代ではないです。

一部の地域では本格化して動いてます。

 

次回の記事もお楽しみに!

 

生活社会
シェアする
chobizoshigeをフォローする



chobizo!トレンド!BLOG!

コメント