130年前息子の三輪車を速くした獣医師ダンロップとゴム製タイヤとは?【アンビリバボー】

chobizo!トレンド!BLOG!へご訪問
いただき、ありがとうございます。
管理人chobizoです。ちょっと気になる
情報を取り上げます。

およそ130年前に三輪車レースが子供たち

の間で流行していたそうです。

しかし、獣医師のダンロップ氏の息子は

速く走れず悩んでいたそうです。

そこで、息子を1位にすべく獣医師の

ダンロップ氏が考えた『空気入り』の

ゴム製タイヤが現在でも利用されている

そうです。

今回は以下の内容をご紹介いたします。

  • 130年前息子の三輪車を速くした獣医師のダンロップ氏とは?
  • 130年前息子の三輪車を速くした獣医師のゴム製タイヤとは?ダンロップタイヤ?

詳細情報をお届けいたします。

スポンサーリンク

1. 130年前息子の三輪車を速くした獣医師のダンロップ氏とは?

出典元:https://ja.wikipedia.org/

上画像の立派な髭をしている人が獣医師の

ダンロップです。

1840年2月5日に生まれ、 1921年10月23日

に亡くなったと情報があります。

スコットランドに生まれ、アイルランドへ

移住したそうです。

フルネームはジョン・ボイド・ダンロップ

であるそうです。(※以下ダンロップ氏

ダンロップ氏は獣医師であるだけじゃな

いんです。

発明家でもあり、ダンロップ・ラバー株式会社

を設立した人でもあるそうです。

ダンロップ氏は息子が三輪車レースで勝て

ない・1位になれない悩みを解決するため

空気入り』のチューブ式ゴムタイヤの実験

を行ったそうです。

空気入り』が肝と考えられます。

当時、『空気入り』のタイヤが存在しな

かった…。

ダンロップ氏は最初は努力をしなさいと言っ

いたそうですが…。

息子の名前はジョニーさんと情報があります。

出典元:https://www.xn--u9j447x39aexi.com/

ジョニーさんは三輪車レースで勝利して

実験に成功したとダンロップ氏は考えた

でしょう。

このことにより、1887年に空気入りの

チューブ式ゴムタイヤ特許を取得したそう

です。

『空気入り』のチューブ式ゴムタイヤの

需要が考えられたのでしょう。

更に『マミータイヤ』という自転車レース用

のタイヤも開発したそうです。

『マミータイヤ』を付けた自転車はレースで

圧勝してニュースになったらしい…。

ダンロップ氏は実用的な『空気入り』の

チューブ式ゴムタイヤを開発しました。

しかし、悲しいことにダンロップ氏は利益を

得ることができなかったらしいです。

ロバート・ウィリアム・トムソン氏が

『空気入り』のタイヤの特許を1845年に取得

してるぞ!と法廷闘争になったそうです。

敗北してダンロップ氏は1890年に特許

を失ったらしい…。

現在のタイヤの先駆者として、ダンロップ氏は

大きく貢献していることは確かであると考えら

れます。

スポンサーリンク

2. 130年前息子の三輪車を速くした獣医師のゴム製タイヤとは?ダンロップタイヤ?

自転車と髭が凄いダンロップ氏

出典元:https://gendai.ismedia.jp/

ダンロップ氏はスコットランドから

アイルランドへ移住しています。

その時に馬車が利用されたそうです。

馬車のタイヤが木製又は、固形ゴム製

であったそうです。

そのため、移住には苦労して心地よく

なかったそうです。

石やデコボコで、固形タイヤは振動が激しい

でしょうね。

こういった経験があったため、タイヤを

『空気入り』に改良することを閃いた

思われます。

出典元:https://twitter.com/

ダンロップってタイヤメーカーの会社に

ありますよね。

もろにダンロップ氏が影響していて

ダンロップ氏の名前から会社名にされたと

由来が説明されています。

ダンロップ社はイギリス発祥の会社であり、

イギリスって連合王国ですよね。

連合王国にはスコットランドやアイルランド

が入っていますよね。

ダンロップ氏の暮らしたところはイギリス

ということです。

イギリスにダンロップ社が出来て、日本にも

あるどデカい会社になっています。

日常生活モータースポーツなどにも影響

しています。

発明家として、利益が少なかったダンロップ

に対する敬意を持って会社名にされたと考える

のが妥当であろうと思います。

世の中には本当に尊敬できる人が!

アメリカで誘拐される子供の数は

日本と比較にならないらしい…。

誘拐された子どもたちを救助する

プロジェクトチャイルドセーブという

組織を取り上げています。

ボランティアで成り立っているらしい…。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

130年前に息子の三輪車を早くするため、

獣医師・発明家のダンロップ氏が『空気入り』

のチューブ式ゴムタイヤを開発したそうです。

利益は少なかったらしい…。

この記事では以下の内容をご紹介いたしました。

  • 130年前息子の三輪車を速くした獣医師のダンロップ氏とは?
  • 130年前息子の三輪車を速くした獣医師のゴム製タイヤとは?ダンロップタイヤ?

次回の記事も要チェック!

スポンサーリンク