金谷博(西陣織物)の細尾商店の評判と年収は?海外進出成功で堀雄一朗とは?

スポンサーリンク

chobizo!トレンド!BLOG!へご訪問
いただき、ありがとうございます。
管理人chobizoです。ちょっと気になる
情報を取り上げます。

 

【プロフェッショナル】では

織物職人である金谷博さんが出演!

江戸時代から続く老舗の細尾商店で

職人をしているようです。

 

今回は以下の内容をご紹介いたします。

 

  • 金谷博さん(西陣織物)の細尾商店の評判と年収とは?【プロフェッショナル】
  • 金谷博さん(西陣織物)の海外進出に成功で堀雄一朗さんとの関係は?

 

詳細情報お届けいたします。

 

スポンサーリンク

1. 金谷博さん(西陣織物)の細尾商店の評判と年収とは?【プロフェッショナル】

出典元:https://www.nhk.jp/

 

金谷博さんは織物職人として、

株式会社細尾で働いていると情報

があります。

株式会社細尾は京都市の中京区に

本社があるそうです。

 

金谷博さんは西陣織の職人であり

会社も織物関係であるのですが、

時代と共に変化しているようです。

 

出典元:https://www.google.co.jp/

株式会社細尾の本社は和と洋の

世界であるようです。

 

金谷博さんは細尾商店で勤務する

職人であり、経営者ではないよう

です。

 

2022年1月11日時点で、

金谷博さんは68歳情報があります。

 

2012年の時点では

西陣織の産業は衰退する一方であった

ようです。

同業者が消えてなくなり約10分の1

まで西陣織の産業は営む会社は減少

したそうです。

多くの会社がマンションになっていった

と情報があります。

 

そのため、金谷博さんは収入面では

苦しかった過去があったと考えられます。

 

出典元:https://twitter.com/

しかし、金谷博さんは革新を続けていた

そうです。

金谷博さんの本業である西陣織の需要は

大きく減少する傾向にあったようです。

そのため、金谷博さんは新しい生地を

開発していたようです。

 

新しい生地が革新ということであろう

と思います。

 

出典元:https://twitter.com/

その新しい生地は西陣織にプラスアルファ

したのでしょう。

また、販売する先は国内の需要が減った

ために海外であるそうです。

 

洋に和を加えたデザインの需要に

売り込むことに成功したようです。

その需要にあった織物を作る

プロジェクトで金谷博さんが活躍

したそうです。

一躍エース的な存在になり名をあげた

らしい…。

また、金谷博さんは織物を作る工程で

システム化も実現をしたようです。

 

株式会社細尾の資本金は8000万円で

あるそうです。

また、従業員は65名ほどである

らしい…。

 

株式会社細尾は一族経営であるよう

ですので売上情報などお金に関して

非公開な情報が多いようです。

 

織物職人は伝統工芸士の中に入るよう

です。伝統工芸士の年収は420万円

から600万円と情報があります。

 

出典元:https://openers.jp/

 

しかし、金谷博さんはプロジェクトの

中心にいた人物であるので別格

あるでしょう。

年収が1000万円ほどあっても不思議

ではないと考えられます。

 

海外で、日本の織物が利用されるよう

になったようですが…。

 

スポンサーリンク

金谷博さんの織物の需要を知って
いる
人物は堀雄一朗さんらしい!

2. 金谷博さん(西陣織物)の海外進出に成功で堀雄一朗さんとの関係は?

堀雄一朗さん

出典元:https://www.axismag.jp/

 

衰退していく西陣織を

海外で販売して需要を見たそうと

考えたのが堀雄一朗さんである

らしい…。

 

株式会社細尾で、金谷博さんが新しい

生地を開発していたことを知った

堀雄一朗さんの存在が大きかったのでは?

 

堀雄一朗さんは海外に拠点を置く

家具の貿易商であるそうです。

海外にいる分、より求められる日本の

和を理解していたのでしょう。

 

堀雄一朗さんは家具のデザインで知見

がある人物であるそうです。

元丸紅の社員で辞めた後に

現在の『ステラワークス』の前身となる

会社を企業したそうです。

 

『ステラワークス』という会社は

多国籍の人材の宝庫であるらしい…。

 

きっかけは、奇抜な海の生き物である

『エイ』のデザインで

 

どのようにデザインをするのか?

 

と多国籍の人材が驚いたそうです。

そこで金谷博さんが西陣織の生地を

利用して織って完成させたそうです。

かなり四苦八苦したらしい…。

 

『エイ』のデザインはソファーの

メインとなったそうです。

 

出典元:https://www.wwdjapan.com/

株式会社細尾は、自社オリジナル

ブランドである『ホソオ(HOSOO)』

で2019年に展示を行ったようです。

新生地はホソオ(HOSOO)』である

ようです。

 

日本の生地が海外の需要に応えている

のでしょう。

そして、オリンピックでも採用された

のでしょう。

実績があったからこそ選ばれたと

考えられます。

 

 

【プロフェッショナル】では
旋盤職人の岩井仁さんが出演!

下町ロケットのイメージに
ピッタリ
の町工場で匠の技を見せる!

妻の茂子さんと、子供が後継者
になっていないとは?

スポンサーリンク

まとめ

いかがかがだったでしょうか。

株式会社細尾で勤務する金谷博さんは

衰退する西陣織の産業の中、新しい

生地を開発していたらしい…。

そこに目を付けた堀雄一朗さんが

海外の需要に応える形で、株式会社細尾

に依頼したようです。

 

この記事では以下の内容をご紹介いたしました。

 

  • 金谷博さん(西陣織物)の細尾商店の評判と年収とは?【プロフェッショナル】
  • 金谷博さん(西陣織物)の海外進出に成功で堀雄一朗さんとの関係は?

 

次回の記事も要チェック!

 

海外芸能・文化



こちらもイチオシ!おすすめ!
chobizo!トレンド!BLOG!

コメント

タイトルとURLをコピーしました