病院ラジオという番組!小児病棟の特長・環境とは?!保育士もいるの?

管理人chobizoは定期的に通院しています。

薬は必要な分量だけを服薬します。通院と

服薬だけで嫌気が出ます。

子供たちが入院すると考えると、普通にこん

な苦労は大人だけにしてほしいと正直に思い

ます。

この記事では、病院ラジオという番組と、

児病棟の特長・環境とは?!と、小児病棟に

保育士もいるの?をご紹介いたします。

1. 病院ラジオという番組

『病院ラジオ「あの子どうしてる?スペシャ

ル」(NHK総合1)』

2020年7月5日17:15~18:00の放送です。

6月24日に放送された同じ内容で再放送です。

お笑い芸人のサンドウィッチマンさんが病院

にラジオ局を設置します。患者や家族の本音

をリクエスト曲とともに聴く笑いと涙の素晴

らしく良い番組と思います。

放送は不定期されていますが、お笑い芸人の

サンドウィッチマンさんが笑いをプレゼント

しているのでしょう。

今回は「あの子どうしてる?スペシャル」

す。昨年サンドウィッチマンさんが訪ねた子

ども病院で、出会った子たちとリモート再会

です。

子供の1年は大きいです。成長を感じるので

と思います。

2. 小児病棟の特長・環境とは?!

出典元:https://www.photo-ac.com/

入院中の処置や検査は、年齢に合わせないと

いけません。疾患及び成長・発達段階に応じ

た処置が必要で難しい仕事と認識できます。

小児看護専門看護師HSP(ホスピタル・プ

レイ・スペシャリスト)がおり、子どもにとっ

て安心できる環境や看護を提供できるように

尽くしています。

入院中でも子供らしく過ごすための努力を病

院もしていますね。

『小児専門病院』をウィキペディアで調べま

した。

概要

未熟児や小児がんなどで特別なケアが

必要な場合や、小児に特化した高度な

医療技術が必要な場合に、他の医療機

関からの紹介・転院によって受診する

場合が多いが、それほどの緊急性を要

しなくなった後であっても経過観察を

目的に長期間にわたって受診すること

がある。

未熟児の診療を行う機会が多いことか

ら、循環器科や形成外科などを強みと

する施設が多い。

最近では小児の3次救急医療の整備が

社会的要請となり、一部で救急診療部

門や集中治療室の整備が始まっている。

通常、患者が一定の年齢に達した後も

加療が必要な場合は他の医療機関に紹

介を行う。

出典元:https://ja.wikipedia.org/

子どもは国家の宝です。これは絶対的
です。

3. 小児病棟では保育士もいるの?

小児病棟には、今の時代では病棟保育士が在

していると思います。子どもたちとラジオ

体操をしたり、散歩したり、外で遊んだり、

工作などもします。

こども病院の院内保育室もあります。

かなりの数の求人が確認できています。難し

い仕事ですが、使命感を持つ方が多いのかと

推察しています。

また、ボランティア活動をされる方も来ると

考えられます。季節ごとのイベントを楽しむ

ことは大切なことです。

子どもたちが子どもらしくないならば、悲し

いです。確かに現実的には厳しい一面がある

ことは知らないといけないです。

しかし、病気であることから、子どもたちの

全てを奪わず、可能な限り楽しむことを体験

することは大切です。

そして、病院も環境づくりをしていますが、

最も大切なのは家族です。家族で助け合い

が最も大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

この記事では、病院ラジオという番組小児

病棟の特長・環境と、小児病棟では保育士も

いるの?について、ご紹介いたしました。

病院には使命感をお持ちの方が多い、と思います。

病棟保育士も同様だと思います。

子どもを助けることは、多くの人達に支えられて

だと思います。

次回の記事もお楽しみに!

スポンサーリンク