中田莉沙の大学や経歴とヘッドハンター(IT・インターネット部門)とは?【セブンルール】

こんにちは。管理人のchobizoです。
いつもサイトへのご訪問、ありがとう
ございます。

株式会社ビズリーチから転職成約数など

が評価され中田莉沙さんが

ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー』の

IT・インターネット部門でMVPを獲得

して話題です。

フジテレビ系【セブンルール】に出演です。

この記事では、中田莉沙さんの大学や経歴・

プロフィール、中田莉沙さんのIT・インター

ネットのヘッドハンターとは?を

ご紹介いたします。

スポンサーリンク

1. 中田莉沙さんの大学や経歴・プロフィール

出典元:https://twitter.com/

中田莉沙(なかだ りさ)

生年月日

1994年12月

出身地

神奈川県

学歴

成城大学卒

世田谷区という好立地という土地柄で

お金持ち』、『お嬢様』のイメージ

があるようです。

実際には男子より女子が多くて

お金持ちの割合は多いそうです。

卒業生には有名人が多いです。

中田莉沙さんは学生時代のインターンで

ママ向けのサービスを展開するコネヒト株式

会社オンライン英会話サービスを展開する

株式会社ベストティーチャーを経験されたそう

です。

インターンの立場ながら企業活動全般に

関わり』と宣伝されています。

インターンの立場では限られた部分のみの

経験が普通ですが社外秘の仕事もしていた

のでしょうか?

リスクマネーの重要性を感じて

日本の金融を変えたいと証券会社を

就職希望としたそうです。

経歴

大学卒業後、野村證券株式会社に就職した

そうです。日本一の証券会社です。

正直、成城大学から野村證券株式会社に入社

できる人は年に極少数と思われます。

大学と会社の関係で就職枠などが考えられま

すが、実力と運の両方がないと難しいのが

現実です。

コロナ禍以前の好景気で、就職できたことは

運があると思います。

その野村證券をすぐに辞めています

中田莉沙さんの営業成績は良好で仕事

でも十分に成果を出していたそうです。

一人で数億の売上とかしたのでしょうか?

野村證券が保守的な社風インターンの

経験との違いを感じカルチャーショックを

受けたそうです。

会社の業務効率など改善案を出したそう

ですが受け入れられなかったそうです。

野村證券で管理職はあり得ないですし、

人を説得するのではなく納得させる

話術が結果的にはなかったと考えられます。

証券会社で激務のポジションはあります。

トレーダーです。

極めて優秀でないとこのポジションは困難

です。このポジションにはノータッチのよう

です。

2018年3月フォースタートアップス株式

会社に入社しています。

従業員は100名程度の会社です。

人材業界だけには行きたくない』と思って

たそうですが、『リスクマネー』から

人財と考えが変わったそうです。

過去のキャリアでは、人材業界の未経験者

でしたが2019年の転職成約数が評価され、

2020年ビズリーチ主催の

ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー』にて、

MVPのIT・インターネット部門を受賞

しました。

スタートアップ企業である成長産業は投資

されます。その中でIT関係は人材不足

深刻です。IT大手の日本企業では外人の

雇用を取り入れています。

とにかくITは人手不足は明確です。

つまり、IT関係は需要が高いです。

ITの仕事は2025年までは100%需要が高い

と考えられています。

大手会社に導入されている基幹システムの

SAPが絡んで、人材不足です。

在宅勤務で激務している方も多いでしょう。

中田莉沙さんの現在の役職はタレント

エージェンシー本部

シニアキャピタリスト兼

エンジニアプロデュースチームの

プロジェクトマネージャーだそうです。

スポンサーリンク

2. 中田莉沙さんのIT・インターネットのヘッドハンターとは?

出典元:https://forstartups.com/

ビズリーチ(BIZREACH)はCMの宣伝

などを観たことがある方が多いと思います。

ビズリーチはハイエンドクラスの転職

希望者が多いサイトと言われています。

CMでも『即戦力』がうたわれています。

そして、IT関係の仕事となると、東京に

需要があります。大手の会社の本社はほぼ

東京にあります。本社にシステム部門がある

傾向が強く最先端技術は日本では東京が

最初になるケースが多いです。

転職希望者のしたい仕事は東京に多いです。

ビズリーチというサイトで2019年の

転職の斡旋で、成約件数が多かったために

中田莉沙さんは評価されています。

ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー』にて、

MVPのIT・インターネット部門を受賞

しました。

2018年3月にフォースタートアップス株式

会社に入社ですので、2年経たずして外部

組織の株式会社ビズリーチから評価されて

います。

ちょっと違和感を感じませんか?

IT業界の転職の斡旋をしているのですが

業務量はIT業界と、人材業界は異なります。

中田莉沙さんはITの仕事現場には介入した

情報がありません

ITは実力のある人ほど残業が多くなります。

管理人chobizoはIT関係の経験者ですが、

人事に絡む人は現場をちゃんと経験してほしい

といつも思います。

ITの在宅勤務で地獄をみてる人は多数です。

転職を成約したら企業からマージンを

もらうシステム思われます。転職後の

フォローアップ体制はどうなってるので

しょうか?

年間500人以上の方と面談する中田莉沙さん

が転職後のフォローアップは困難と思われます。

人財を紹介する頭数が重要であることが年間

500人に会うことに表されていると思われます。

25歳で中田莉沙さんが株式会社ビズリーチから

評価がされたのは会社としての戦略では?

と考えられます。

ちょっと早すぎると感じませんか?

年間で500人以上の面談する人がテレビ

出演も普通は厳しい

東京で『物件オタクになるのも珍しいです。

不動産カウカモ編集長の伊勢谷亜耶子さんを

記事でご紹介しています。

是非読んでくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

『ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー』にて、

中田莉沙さんが『MVP』IT・インターネット

部門を受賞したことは、会社の戦略では?

この記事では、中田莉沙さんの大学や経歴・

プロフィール、中田莉沙さんのIT・インター

ネットのヘッドハンターとは?を

ご紹介いたしました。

次回の記事もお楽しみに!

スポンサーリンク