村田詩子(看護師)の発明主婦で防護服と小児外来で心臓病に寄り添う【セブンルール】

スポンサーリンク

こんにちは。管理人のchobizoです。
chobizo!トレンド!BLOG!へ
ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

循環器系専門で東京都府中市の榊原記念

病院で仕事をしている村田詩子さんが

フジテレビ系【セブンルール】に出演

ます。

 

今回は、村田詩子(看護師)の発明主婦で

防護服と小児外来で心臓病に寄り添う

をご紹介いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

1. 村田詩子(看護師)の発明主婦で防護服と小児外来で心臓病に寄り添う

出典元:https://www.asahi.com/

 

新型コロナの影響で医療用の物資が不足

となりました。東京都府中市の榊原記念

病院で小児外来の副看護師長を担当して

いる村田詩子さんが動画でごみ袋から

防護服をつくる方法を紹介しています。

 

村田詩子さんの口調は非常に冷静で

医療現場がピンチな時も適切な判断が

できるタイプ感じます。

 

新型コロナの物資不足は深刻と思い

ますが発想でピンチを乗り越えようと

する姿に共感を感じます。

 

最前線の医療現場の問題を少しでも

解決したい

 

という想いが反響を呼んでいるそうです。

 

村田詩子は2020年で45歳と情報あり

ます。大阪出身で、2000年に長女を出産

しています。その経験をもとに肌が露出

しない授乳服を発明して、1千点以上売れる

ヒット商品しました。

そのほかにも医療グッズなどを発明した

そうです。

 

そして新型コロナの影響で知恵を出した

そうです。何でも、医師からお願いをされ

たということで頼りにされている人物で

あることが分かります。

 

「私の発明で人の命は直接は救え

ないけど、『困った』を解決する

ことはできる」

引用元:https://www.asahi.com/

 

という村田詩子さんのコメントがあります。

 

上記の村田詩子さんの言葉の中に

大きな別の意味があることを気づけますで

しょうか?

 

命は直接は救えないは医師や看護師で

あれば医療の限界を感じるときがある

思います。

 

出典元:https://www.ktv.jp/

 

村田詩子さんは、小児外来の副看護師長と

責任ある立場です。

榊原記念病院は循環器系専門の病院です。

循環器系とは以下の様な病気が特徴的です。

 

心臓・血管外科の進歩によって、

治りにくいと言われていた病気の

治療も可能となってきました。

しかし、以前として心臓の病気の

死亡順位は高くなっています。

 

1位 悪性新生物(癌)

2位 脳血管の病気

3位 心臓の病気

 

悪性新生物が死と直結して受け取られ

やすいのと同じように、心臓の異常は

死につながると考え、心臓拍動の変化

を自覚し、心臓の病気ではないかと

悩む人もいます。

また、器質的に異常があっても

自覚症状がなければ、無理な生活をし、

症状を自覚したときは、病気の状態は

相当に進行していき生命の危機に陥る

場合もあります。

引用元:http://www.fujimoto.or.jp/

 

循環器専門の病院で、小児外来を担当

している村田詩子さんは、嫌でも救えない

子どもの命の現場を見てしまうのです。

癌、脳の血管や心臓の病気で亡くなる

子どもの命を看取るという立場と考えら

れます。

 

管理人chobizoの准看護師で働いていた

知人は、癌末期の患者の世話をしていま

した。

しかし、メンタルが苦しくなって耐えられ

なくなり、辞めています

 

人の命と向き合う医療従者で良心的で

優秀な人ほど背負うモノが大きいです。

村田詩子さんの以下の言葉に優しさと

現実を感じてしまいます。

 

「亡くなった子たちのお母さんたちに

“会いたいな”って思うことがあるんです。

その子たちのことを

“忘れてないからね”って言いたい」

引用元:https://www.ktv.jp/

 

今の社会では、医師でありながら本を書く

商売主義な医師も存在します。

良心的で、優秀な医師は本を執筆する時間

などありません。

 

それより命と向き合います。

 

村田詩子さんは看護師という厳しい職場

環境でありながら命と向き合う最前線

に立つ人と考えられます。

 

 

三重県の志摩市民病院の江角悠太院長は、

学生時代にグレました。医師に対して良い

感覚がなくて、逆に嫌悪感すら抱いていた

そうです。

しかし、医師となりました。

記事でご紹介していますので、是非

読んでくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

新型コロナの影響で、ごみ袋から防護服を

つくる方法考えた村田詩子さんは、子ども

の命の最前線に立っています。

 

この記事では、村田詩子(看護師)の発明主婦

で防護服と小児外来で心臓病に寄り添うを

ご紹介いたしました。

 

次回の記事も要チェック!

 

医療社会
シェアする



こちらもイチオシ!おすすめ!
chobizo!トレンド!BLOG!

コメント

タイトルとURLをコピーしました