開業100年京都産婦人科足立病院!院長先生はどんな人と病院プロフ【サラメシ】

こんにちは。管理人のchobizoです。

いつもサイトへのご訪問をいただき、ありが

とうございます。

今回は【サラメシ】で紹介される病院・足立

病院を取り上げます。地元密着型の産婦人科

や小児科などの病院です。

このような足立病院。記事では開業100年京都

産婦人科足立病院!院長先生はどんな人?と、

病院プロフィール、そして【サラメシ】で『

あだちメシ』が放送をご紹介いたします。

スポンサーリンク

1. 開業100年京都産婦人科足立病院!院長先生はどんな人?

出典元:https://twitter.com/

現在、畑山博先生が6代目の院長です。平成8

年に就任されています。その時畑山博先生は

35歳でした。

医者という職業で、35歳の若さで院長になる

のは、大きなプレッシャーがあったと思いま

先代の院長は、時代の流れ変わりが速い

ために若い医者でないとダメだと、畑山博先

生の背中を押したそうです。

そして、畑山博先生のビジョン・目的が

生涯に渡って、女性とその家族の健康をサポ

ートする病院となります。足立病院全体で

女性を支援することを考えています。

具体的にには産科だけでなく、

  • 不妊治療
  • 小児科
  • 子育て支援センター『マミーズスクエア』
  • 保育所
  • 乳がんや腹腔鏡手術対応

とあります。

その他にももうひとり産んでみたい!と思

えるお産少子化問題に取組んでいると考

えられます。

家族で迎えるお産立ち会い出産の勧め

ています。新しい命が生まれる感動がありま

すからね。

患者さんや地域・社会に貢献できる方法を、

畑山博先生はずっと考えてきたのです。

更に足立病院の向かい側に医療モールをつく

り、皮膚科、耳鼻咽喉科、歯科、泌尿器科、

眼科など足立病院と連携しやすい体制を構築

しています

つまり、足立病院近辺が総合病院化していま

す。医者同士の協力を感じます。そして、

れを実現した畑山博先生は凄いと思います。

更に今後は少子化の情報発信や教育にも力を

入れていくビジョンがあります

【サラメシ】で紹介されるあだちメシ』も

新型コロナ禍で苦しい状態にある近隣の旅館

や飲食店を何とか助けるためにしていること

です。

同じく医者の救急医上原淳先生を記事でご紹

介しています。

スポンサーリンク

2. 病院プロフィール!

↑2009年時点の足立病院の内部です。とても

清潔感がありますよね。

医療法人財団足立病院

住所

〒604-0837 京都市中京区東洞院通り

二条下ル

電話番号

075-221-7431(代表)

【電車でお越しの方】

京都市営地下鉄・烏丸御池駅下車 1番

出口を出て2筋目を左折(徒歩2分)

【お車でお越しの方】

東洞院通りを南下

出典元:https://www.adachi-hospital.com/

より詳しい情報は足立病院のサイトを確認

してください。↑クリック

明治35年創業です。
歴代の院長先生の写真があります。
↑クリック

足立病院を数値データ知ることができます。

日本国内での分娩数

12位

京都府内の分娩数

1位

京都市内の年間出生数に占める

割合

2,086人/13,156人

5人に一人が『あだちっ子』

1人/5人

産婦人科医の数

20人

助産師の数

57人

小児科医の数

14人

出典元:https://www.adachi-hospital.com/

その他も足立病院のサイトで確認できます。

↑クリック

足立病院で生まれた人を『あだちっ子』と

呼ばれ、足立病院に感謝している人が多い

です。足立病院に表敬訪問している人もい

ます。

スポンサーリンク

3. 【サラメシ】で『あだちメシ』が放送

NHK総合1【サラメシ】で『あだちメシ』プロ

ジェクトが放送されます。

2020年7月21日19時30分から放送予定です。

今回の【サラメシ】では新型コロナの影響で、

足立病院の職員の方が撮影されています。

名付けておまかせサラメシです!

「あだちメシ」プロジェクトにはコロンボも参加させて頂いております。コロンボの店内だけでは出来ない「食」を通した活動にとてもやりがいを感じ、日々ご協力させて頂いております。コロンボの掲げている「食」と「子育て」の両立続けていく事に迷いなしです!放送楽しみですー。

寺町コロンボさんの投稿 2020年7月14日火曜日

寺町コロンボさんが『あだちメシ』プロジェ

クトに参加しています。プロジェクトには

他のお店・旅館も参加しています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

この記事では、開業100年京都産婦人科足立

病院!院長先生はどんな人?と、病院プロ

フィール、そして【サラメシ】で『あだちメ

シ』が放送されることをご紹介いたしまし

た。

新型コロナだけに関わらず、地域で協力する

体制になっているところが素晴らしいです。

次回の記事もお楽しみに!

スポンサーリンク