藤巻守のwikiプロフと農業(大自然工房)!本を出版してる?【人生の楽園】

こんにちは。管理人のchobizoです。

いつもサイトへのご訪問、ありがとうござい

ます。

テレビ朝日系【人生の楽園】群馬県高崎市『

主食を守る親父の農業』に藤巻守さんと早苗

さんが出演します。2020年8月8日18時00分

放送予定です。

今回は、藤巻守さんのwikiプロフ、藤巻守さ

んの農業(大自然工房)、そして藤巻守さん

が本を出版してる?をご紹介いたします。

スポンサーリンク

1. 藤巻守さんのwikiプロフ

出典元:http://takasaki-sodachi.jp/

藤巻守さんは62歳で、奥さんの早苗さんが60

歳です。

藤巻守さんは1958年か1957年生まれと考えら

れます。恐らく1957年生まれです。理由は、

本の出版です。

農家の長男として生まれて、高崎高等学校を

卒業し、中央大学を卒業しています。10代後

半にラグビー選手登山家、20代を海上自衛

船乗りと飛行機乗りとして過ごします。

身体とメンタルの両面で鍛えられていると思

われます。

27歳の時に高崎市出身の早苗さんとご結婚

しています。30歳で高校教諭に転職して地理

・歴史を教えるかたわら農業もします。消防

団活動に参加しています。

お子さんは3人です。既に育てあげてます。

ご自身の生き方を考えて農業を継いで専業農

家になる道を選択します。高校教諭を57歳で

早期退職しています。

趣味は彫刻や建築、音楽と幅広いです。

住所

群馬県高崎市新町643

電話番号

0274-42-3285

携帯電話番号

080-1317-4142

E-Mail

daisizen2661@yahoo.co.jp

スポンサーリンク

2. 藤巻守さんの農業(大自然工房)

出典元:http://takasaki-sodachi.jp/

27年間勤めた高校教諭生活から2015年4月から

専業農家を始めます。

藤巻守さんの想いは以下になります。

小麦を鉄の箱に入れて、カビも生えな

いような環境の船便で、海外から運ぶ

時代。そこまでして主食を他国に頼る

べきなのか。主食だけは地元のものを

食すべきではないか―

歴史を振り返ると、関ヶ原の合戦、大

阪の陣の時、大阪は米が採れないので

近畿一円から米を集め、籾摺りや米搗

きをしながら籠城した。地元で米が採

れることがいかに重要か―

出典元:http://takasaki-sodachi.jp/

海上自衛隊の経験や地理・歴史の教諭らしい

考え方で、輸入に頼ることのリスクを考えて

いると思います。現在、米が余る傾向になる

のはパンとパスタがあるからと、主食の米を

重要と考えています。

とは言え藤巻守さんは一農家です。国の食糧

を全部背負うというスタイルではありません。

地域で食糧支えるスタイルで、若者が気軽に

入れる環境をつくることを考えています。

作業所の玄関にある文字天赦館は伊達政

宗の漢詩『馬上少年過ぐ』から取った文字で

す。これは残りの人生を農業に捧ぐという決

意です。

地元では、【人生の楽園】に出演されること

が話題となっているかもです。

農業に関わる野菜ソムリエプロで有名な

緒方湊くんを記事でご紹介しています。

スポンサーリンク

3. 藤巻守さんが本を出版してる?

出典元:https://www.amazon.co.jp/

著者略歴が、今回取り上げている藤巻守さん

と考えられます

2001年8月に出版されています。内容はリュ

ック一つで小さい自分の子どもとエーゲ海や

アドリア海、香港を冒険した記録です。

まとめ

藤巻守さんは将来の農業を考えてもいます。

いかがでしたか?

この記事では、藤巻守さんのwikiプロフ、藤

巻守さんの農業(大自然工房)、そして藤巻

守さんが本を出版してる?をご紹介いたしま

した。

次回の記事もお楽しみに!

スポンサーリンク