【速報】米大統領選挙でトランプが法廷闘争と黒人や貧困層がトランプ支持とは?

こんにちは。管理人のchobizoです。
いつもサイトへのご訪問、ありがとう
ございます。

アメリカ大統領選挙ではトランプ大統領

の法廷闘争が公になっています。

メディアで法廷闘争について、報道されて

います。

この記事では、米大統領選挙でトランプ

大統領が法廷闘争、米大統領選挙で黒人

や貧困層がトランプ大統領支持とは?を

ご紹介いたします。

スポンサーリンク

1. 米大統領選挙でトランプ大統領が法廷闘争

出典元:https://twitter.com/

今回のアメリカ大統領選挙はトランプ

大統領でさえ泥沼化している

語っています。

トランプ大統領はバイデン氏に対して

大統領という職を不当に主張するな

けん制しています。

分かりやすく日本語

出典元:https://twitter.com/

そして、トランプ大統領は法廷闘争がまだ

始まったばかりとツイートしています。

バイデン氏が支持が優勢に傾いた理由は

郵便投票です。

出典元:https://twitter.com/

トランプ大統領が、トランプ大統領支持の

優勢が奇跡的に消えていくことに対する

コメントです。

つまり、後で開票される郵便投票が届くと

バイデン氏が異常に支持投票を獲得していく

現実がありました。

このことで、トランプ大統領は

開票をするな

と言っていたのです。

ペンシルベニア州やジョージア州は

トランプ大統領が早い段階で勝利した

考えられた州です。

トランプ大統領支持派は直接投票にする

傾向がありバイデン氏支持は郵便投票

でした。

郵便投票が不正の可能性が高くトランプ

大統領は法的手続きが進むと全容を理解

できると語ったそうです。

民主党・バイデン氏の郵便投票で不正した

ことの詳細はこちらをご確認ください。

民主党・バイデン氏は強気に勝利宣言は

できないようです。

トランプ大統領が不正のしっぽを捕まえた

可能性が高いからと想定されます。

トランプ大統領は記者団に

あなたが法定投票だけを数えれば、

私は簡単に勝つ

と正当な投票だけをカウントすれば

圧勝の自信を示しています。

トランプ大統領は選挙プロセスの完全性や

透明性に問題提起をしている報道があります。

法のあらゆる側面を使用すると、法廷闘争

を続けることを誓ったそうです。

一部では将来を考えて選挙の方法を改める

考えが出ています。

トランプキャンペーンは、不正を暴くトランプ

大統領側の動きです。ほぼすべての州で行動

されたようです。手続き違反や違法投票を主張

する訴訟を起こしました。

ネバダ州では、キャンペーンは、

2020年の選挙で死亡した人々と

非居住者が投票したという証拠が

あると主張して、いわゆる

「違法投票」のカウントを

停止するよう訴えています。

引用元:https://www.foxnews.com/

ネバダ州では、非居住者の数万人が不正

カウントされていたようです。

トランプ陣営は、『合法的な投票をカウントし、

違法な投票をカウントしないように動いて

いると報道されています。

キャンペーンと共和党は

ペンシルベニアで多くのエネルギー

を集中しており、今日、州のGOPは

最高裁判所に介入し、11月3日以降に

受け取った投票を選挙日までに

受け取った投票から確実に分離する

よう求めました。

ペンシルベニア州では、11月3日までに

消印が押されたが、最大3日後に到着

した投票用紙のカウントを許可してい

ます。

請願書はサミュエル・アリート裁判官

に送られますが、州は緊急控訴が提出

される前にすでにこれらの投票用紙を

分離していました。

引用元:https://www.foxnews.com/

ペンシルベニア州では不正投票の可能性

のある投票と確実に正当な投票を分離する

動きをしたと報道されています。

分離されて不正の可能性のある票は

裁判所のさらなる命令があるまでカウント

しないようです。

トランプキャンペーンはまた、

投票者が12月ではなく11月9日に

遅れて行方不明の身分証明書を

提供することを許可することを

やめるよう裁判所に求めています。

木曜日、裁判官は郡選挙管理委員会に、

IDが11月9日までに検証された

投票用紙と有効なIDを持つ投票用紙を

11月9日から12日までに分離するよう

命じました。

引用元:https://www.foxnews.com/

郵便投票の不正は既に亡くなった人や

移住した人、認知症などで判断できない

人を利用した不正が多いと言われています。

投票者が行方不明州が遅れて身分証明書

を発行すると不正のリスクが高いため

トランプ陣営は手を打ったようです。

また、トランプ陣営は開票における透明性を

勝ち取ったそうです。

フィラデルフィアでの公正なプロセスを確保

するために選挙監視員が投票カウンターから

6フィート離れたところに立つことです。

つまり、開票で不正してないことの確認です。

民主党員は露骨に法に反対している。

これらの民主党員は開票センターへの

扉を塞いでおり、透明性ゼロで開票を

続けている間、オブザーバーを建物の

外に押し出している。

彼らは何を隠しているのか?

引用元:https://www.foxnews.com/

民主党が開票作業の透明性を拒否している

らしいです。開票に不正があっても不思議

ではないです。

スポンサーリンク

2. 米大統領選挙で黒人や貧困層がトランプ大統領支持とは?

日本のメディアにおいてもトランプ

大統領は白人至上主義といった表現

がされています。

また、バイデンリベラルといった表現

がされています。

簡単に言うと、アメリカの民主党は社会

主義者が多いです。社会主義は全体主義

に繋がります。つまり、China(チャイナ)

のような全体主義になる可能性を秘めて

ます。バイデン氏がChinaと繋がってる

ことは証拠が出てるようです。

アメリカの共和党は反社会主義者が多い

です。トランプ大統領は、中国なような

全体主義の国は絶対の反対です。

アメリカ社会では若年層で社会主義が

認められてきている現実があります。

個人の権利と社会の義務のバランスが

最も重要と管理人chobizoは考えてま

すが…。

トランプ大統領が不法な移民を受け入れ

ない政策をしたのは、理由があります。

アメリカの貧困層に仕事がない現実が

あります。

移民が増えると、既存の貧困層にさらに

仕事をさせることが困難になります。

そのため、不法な移民を受け入れない

政策をしたのです。

不動産で成功したトランプ大統領が教育

に力を入れている点も考えていただきたい

です。

こういった理由で貧困層や黒人から、

トランプ大統領は支持が多いのです。

CNNの大統領選挙の投票結果で都市部

より、貧しい土地に住んでる人がトランプ

を支持していると、確認可能です。

しかし、トランプ大統領にも様々な疑惑が

あるのは事実です。綺麗ごとで政治はでき

ないためです。

今回のバイデン氏の不正を暴くところまで

進められたのはトランプ大統領自身が

汚れた仕事をしてきたから、対応できた

と考えらます。

トランプ大統領の敗北が濃厚になった時点

でこの法廷闘争に進められた理由は

不正の証拠を掴んだためです。

記事でご紹介していますので、

是非読んでくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

トランプキャンペーンによって、不正投票

の可能性がある票はカウントしない可能性

が高くなりました。

また、民主党が頑なに開票現場を隠す理由

を考えると不正があっても不思議でない

です。

この記事では、米大統領選挙でトランプ

大統領が法廷闘争、米大統領選挙で黒人や

貧困層がトランプ大統領支持とは?を

ご紹介いたしました。

次回の記事もお楽しみに!

スポンサーリンク