トランプ大統領のレムデシビルの2回投与と新型コロナ感染で株式市場は?

スポンサーリンク

こんにちは。管理人のchobizoです。
いつもサイトへのご訪問、ありがとう
ございます。

 

トランプ大統領の新型コロナ感染の判明後

は、元気なことをアピールしているよう

です。しかし、情報が錯乱しています。

 

この記事では、トランプ大統領の新型コロナ

容態は?、トランプ大統領のレムデシビルの

2回投与が意味することは?、そしてトランプ

大統領の新型コロナ感染で株式市場は?を

ご紹介いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

1. トランプ大統領の新型コロナ容態は?

仕事をしていたのか、ただ名前を

書いただけ?

出典元:https://twitter.com/

 

新型コロナウイルスに感染して入院

しているアメリカのトランプ大統領

について、ホワイトハウスの高官は、

陽性の検査結果が発表された2日は

発熱に加え、血液中の酸素濃度が

急激に下がり、一時は深刻な状況に

あったと明らかにしました。

その後は熱が下がるなど症状は

大きく改善していて、今後、数日は

大統領の容体を注視する必要がある

との見方を示しました。

新型コロナウイルスに感染して入院

しているトランプ大統領は3日夜、

ツイッターにビデオメッセージを

投稿し、

「病院に来て体調はかなり改善した。

すぐに現場に戻れるだろう」

と述べました。

メドウズ大統領首席補佐官は3日、

FOXニュースの番組に電話で出演し、

陽性の検査結果が公表された2日に

ついて、

「トランプ大統領は発熱に加え、

血液中の酸素濃度が急激に下がった。

主治医と私はとても懸念していた」

と述べ、一時は深刻な状況にあったと

明らかにしました。

そのうえで

「大統領の症状はその後、信じられ

ないほど改善した。

とても楽観している。

ただ、今後48時間は依然として厳しい

状況になる可能性もある」

と述べ、今後、数日は大統領の容体を

注視する必要があるとの見方を示しま

した。

ただ、司会者から

「48時間というのは入院した時点

からなのか」

と聞かれると、

「主治医に代わって話すことはしない」

と述べるにとどめました。

トランプ大統領自身もビデオメッセージ

の中で今後、数日間が正念場になるとの

考えを示していて、現地では引き続き

緊張が続いています。

出典元:https://www3.nhk.or.jp/

 

 

新型コロナに対するトランプ大統領の

戦略はマスクを外して経済活動を

回復させることでした。

 

新型コロナに関することを大統領選では

触れたくないようです。

 

その理由はアメリカで流行する前は

新型コロナをまったく問題としていま

せんでした。

その結果大流行となってしまい収束

の目途が見えない状態なりました。

当然、トランプ大統領の支持率は、

落ちていきました

この失策は大きいです。

 

そこで打ち出した考えは新型コロナを

中国ウイルスとして強硬な対中路線

選択しました。

新型コロナの責任を中国にあることを

発言するようになりました。

その後の中国への圧力はTikTokなど

まで及んでいます。

 

大統領選挙前には、『マスクなし

支持者にアピールする戦略出ています。

しかし、トランプ大統領が新型コロナに

感染したと判明

 

トランプ大統領の新型コロナの検査への

行動は非常に速かったです。

リスクを感じていた考えられます。

 

大丈夫

仕事にすぐに戻る

 

というトランプ大統領の報道があります。

 

大統領選挙への影響を完全に意識している

考えて良いと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

2. トランプ大統領のレムデシビルの2回投与が意味することは?

出典元:https://twitter.com/

 

マスクなし戦略で多くの人を集めて

集会をしていたようです。

 

新型コロナウイルスの治療薬として

レムデシビル』という薬はアメリカで

緊急使用許可(EUA)の治療薬として

承認されています。

日本でも特例承認です。

 

トランプ大統領は『レムデシビル』を

10月3日までに2回投与していることが

報道されています。

※日本時間は10月4日と考えらる

 

トランプ大統領は『大丈夫とアピール

していますが…。

レムデシビルを治療で使わないとい

けない状態と考えて良いと思われます。

それほど状態が悪くなった考えられます。

 

『レムデシビル』は治療に使う承認は緊急

でした。

このことは十分な臨床試験をしていない

考えられます。

つまり、レムデシビルは解らない副作用

があり、十分な試験がされていないリスクの

高い薬思われます。

 

このような薬を本来ならば医師は使いたく

ないのです。人の体質によって、薬は強い

副作用で人の命に関わるケースがあるそう

です。

 

まだ『レムデシビル』の使用例が少ない状況

トランプ大統領に治療薬として使用した

こと医師も神経を張り詰めた考えられ

ます。

 

しかも2回もです。

リスクの高い薬を使用することは、医師にも

です。しかし、そのリスクを選択する必要

がある状態なのでしょう。

 

トランプ大統領は74歳です。

高齢者の該当するので急激な悪化は十分に

考えられます

 

トランプ大統領には病気に対する恐怖

あるかと考えられます。

側近のヒックス大統領顧問の新型コロナ

感染からトランプ大統領の新型コロナ

感染の判別までロス時間がほぼないです。

そして、即時の入院を選択しています。

 

追記:2020年10月4日23時00分 START

 

トランプ大統領の病状で混乱して情報

提供にミスが生じたと報道されています。

 

専属医が回復へ楽観的な見通しを示す

ことで大事にしないように動いた

ですが、側近が『次の48時間が重要』

と厳しい状を示矛盾が生じたよう

です。

 

医師は守秘義務など厳しいため、本心を

言えないですが側近が病状が危ないと

言ってしまったそうです。

 

このことからトランプ大統領が恐らく、

命の危機にあると考えられます。

 

メドウズ大統領首席補佐官は、

 

ここ24時間はとても憂慮すべき状況

だった

 

と認めており、2日の入院前にホワイト

ハウスで酸素吸入をしたと報道されてい

ます。

トランプ政権は隠しておくべきことを

漏らしてしまったようにも感じます。

入院前から感染症状が出ており、悪化で

倒れていたということになります。

 

こういったことを隠した事実から

トランプ政権に不信感が生じる可能性も

あります。

 

トランプ大統領は高齢と肥満、その他に何か

あるかのように重症化しやすい状況と報道が

あります。

急激な症状の悪化が生じるのは感染の1週間

~10日ということを言っている医師がいる

ようです。

 

まだ油断できない状況です。

 

追記:2020年10月4日23時00分 END

 

 

追記:2020年10月5日13時45分 START

 

トランプ大統領の専属医療は新型コロナ

ウイルスで呼吸補助が必要な重症患者に

有効なステロイド系抗炎症薬

 

デキサメタゾン

 

を投与したことが報道されています。

早ければ5日に退院の楽観論です。

 

しかし、一時は血中酸素濃度が低下し

正常値の下限とされる95%を下回る

危ない状況もあったそうです。

 

更に入院前に、トランプ大統領が未承認薬

のリジェネロン社の抗体カクテル

投与したと報道があります。

未承認薬はリスクが高すぎる点で、有効か

どうか解らない薬です。

 

入院前に既にトランプ大統領は、酸素吸入

した情報もありました。

 

これらのことを総合的に考えると、一時

命の危険があった思われます。

しかし、現段階では少しの回復で、10月

5日に退院すると声明を出しています。

これは安心材料をアメリカ国民に与える

ためにしていることと思われます。

 

トランプ大統領は10月5日までに急激な

悪化がない場合強引に退院することが

考えられます。

悪化した場合は入院を続けると考えた方

が良さそうに思えます。

 

10月5日の退院をしない方が良いと思え

ます。

もし、退院しない場合トランプ大統領が

大統領を辞める時かと考えられます。

 

追記:2020年10月5日13時45分 END

 

スポンサーリンク

 

3. トランプ大統領の新型コロナ感染で株式市場は?

出典元:https://twitter.com/

 

一時的なことと考えられますが

アメリカドルが急降下です(゚Д゚;)

 

今がドルが買いと考える人は存在する

かもですが…。

 

現状のアメリカの株式市場は暴落する・

しないの論争になっているようです。

 

現時点は、トランプ大統領が新型コロナ

ウイルスに感染した影響を見極めようと

いうムードなっているそうです。

そして、アメリカの追加すると予測される

経済対策案の協議の動向に注目されている

ようです。

新型コロナでただでさえ経済が回らない

状況で投資家はどうやって被害を少なく

するかを考えると思われます。

 

一部の情報ではニューヨークの金先物

相場は反落したと報道されています。

 

10月3日時点でアメリカの株式市場に

関しては、マイクロソフト、アマゾン、

アップルのような大きな企業では売りが

目立ったうです。

しかし、多くの銘柄は買いで株価が上昇

したそうです。

結果は、S&P 500種は前日比1%安で、

ナスダック総合指数は2.2%低下と情報が

ありました。

デカく落ちてはいないようです。

 

投資家が被害を少なく撤退するという

ことはこれからの経済の明るい材料

ではありません

遅かれ早かれ、コロナ不況に加えて更に

不況が加速する可能性があると思われます。

 

経済の回復には戦時景気のような莫大に

復活させる起爆剤が必要な可能性がある

思われます。

 

先行き不透明と言わざるを得ないです。

 

トランプ大統領の新型コロナ感染直後の

情報と側近ヒックス大統領顧問の情報など

を記事でご紹介しています。

読んでいない方はご確認ください。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

トランプ大統領が新型コロナに感染した

ことに関する情報を取り上げました。

 

この記事では、トランプ大統領の新型コロナ

容態は?、トランプ大統領のレムデシビルの

2回投与が意味することは?、そしてトランプ

大統領の新型コロナ感染で株式市場は?を

ご紹介いたしました。

 

病気と経済にアンテナをはって、生き残る策を

考えましょう。

 

海外
シェアする
chobizoshigeをフォローする



chobizo!トレンド!BLOG!

コメント