沖縄石垣島 女性4人海で漂流16時間!助かった理由と離岸流!【シンソウ坂上】

2011年9月23日沖縄県石垣市川平の海岸でシュ

ノーケリングをしていた女性4人が離岸流で流さ

れたため、漂流しました。16時間後に4人全員が

救出された出来です。

海・川・湖・プールと夏場は楽しいのですが、

事故防止をする必要があります。

今回は沖縄石垣島 女性4人海で漂流16時間

の助かった理由と、離岸流に注意、そして

【直撃!シンソウ坂上】で放送されることを

ご紹介いたします。

1. 沖縄石垣島 女性4人海で漂流16時間の助かった理由

※写真はイメージです

出典元:https://www.photo-ac.com/

①30センチ四方の発泡スチロールにつかまれ

たこと

発泡スチロールの浮力により、立ち泳ぎをす

るエネルギーを使わず、体力を温存できた

とです。

②単独でなく、4人であったこと

独りだと流された場合、パニックになります。

パニックになると状況判断を誤ります。

この出来事では4人でした。互いに励まし合い、

4人で助けてもらえるまで冷静に体力の温存が

できたことです。

更に4人で腕を組むことができたので、浮力と

体温の低下を防ぐことができたことです。

③女性4人の年齢

20代前半を中心とした最高年齢が35歳でした。

体力があり、冷静になれる年齢でした。過ぎ

ても冷静さを持つことが困難です。また、年齢

が高いと体力的な問題があります。

④水温が高い時期であったこと

9月は1年の中でも最も海水温が高い時期です。

体力を持たせることができたこと。

しかし、助けられた時には、『寒い、寒い』

と震えていて体力を奪われていました。

⑤運があったこと

漂流してから16時間後にたまたま海岸を通っ

た男性が助けの声を聞いたので、救助され

います

4人は発泡スチロールやペットボトルが漂流

する潮目に流されています。

救助した隊員は潮目に流されていなかった

ら助からなかったと、奇跡を表現していま

す。

また、①~④で挙げたことも運が必要です

この出来事は、離岸流への注意を促す看板

見ているのに関わらず、起こりました。

看板を無視してしまいました。

そして、水着姿でライフジャケットを着用し

ていませんでした。

こういった点で4人は反省しています。

海を甘く見ていた』と。

2. 沖縄石垣島沖 女性4人海で漂流16時間の離岸流に注意

離岸流の怖さを動画で視ていただきたいです。

4人の女性はシュノーケリングをしていると

きに離岸流に流されたのです(2011年9月22

日午後16時頃)。

2011年9月21日の米原海岸では男性1名が離岸

流に流され、亡くなっています。

つまり、石垣島の海で離岸流が多発していた

のです。

石垣島は海底やサンゴなどの複雑な地形が影

響し離岸流が発生しやすいと言われています。

沖縄の事故として、首里城の記事をご紹介し

ています。

最も簡単に回避する方法は、離岸流になると

ころを回避して、遊ばないことです。

もし離岸流に流された場合は、以下が推奨さ

れています。

  • パニックにならない
  • 体力温存
  • 流れに身をまかせる
  • レスキューに助けを求める

4人の女性はこれらをすることができました。

3. 【直撃!シンソウ坂上】で放送

新聞などでは漂流16時間ですが、【直撃!シ

ンソウ坂上】では17時間になっています。

この出来事で助かった4人の内の1人の熊代さ

が【直撃!シンソウ坂上】に出演します。

2020年7月16日21時00分から放送予定です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

この記事では、沖縄石垣島 女性4人海で漂

流16時間の助かった理由と、離岸流に注意、

そして【直撃!シンソウ坂上】で放送をご紹介

いたしました。

海や自然は怖い一面があります。

次回の記事もお楽しみに!

スポンサーリンク